離婚話がこじれたら、最終目標を思い出せ

お金がゴールじゃない。

謝ってとらうことがゴールじゃない。

子供たちと会わせないことがゴールでもない。

 

私は、ただ幸せになりたいだけ。

あの人も、ただ幸せになりたいだけ。

子供たちだって、ただ幸せになりたいだけ。

 

みんながみんな、自分が幸せになるために必死に生きてるだけ。

それに気づいた時に、

自分のことも相手のことも、目の前のトラブルも、

空の上から下界を見るように、客観的に観察ができた。

 

争いからの方向転換

最初は、「正当な」財産分与と、親権が手に入らないとぜったいダメだって思ってた。

 

だから、2年かけて調停で泥沼の戦いをした。

 

だけど、ゴールが「幸せ」なら、

今はどれだけ不公平に思える条件だって、

受け入れても大丈夫なんじゃないかと思えた。

 

 今不幸を選んでも、次の展開は未知!

塞翁が馬っていうコトワザがあるけど、まさにそれだろうなーって。

 

飼っていた馬が逃げて不幸

→馬の仲間をたくさん連れて帰ってきて幸せ

→落馬して不幸せ

→足折ったおかげで戦争に徴兵されず、ラッキー

 

みたいな。

 

よーするに、今の経験が幸せに転ぶか、不幸に転ぶかは、誰にもわからないってこと😗

 

 

お金がない。

自分で子供を育て、自分で稼ぐしかない。

 

そんな制限が思いっきりかかった状況下で、

お尻に火がついて、

火事場の底力がスパークしちゃって、

理想的な働き方ができるようになって、

バリバリお金が稼げるようになんかなっちゃったりしたら、

もうこれ、テレビに出れちゃうレベルのドラマチックストーリーになるじゃない!?

 

過去は変えられる

成功しちゃった未来から、

今の私を振り返ると、人生ドラマの苦めのスパイスくらいに思えるんじゃないかな。

 

未来が過去を変えることは、できる。

 

だったら何も恐れる必要はない。

不幸に絶望することもない。

 

そんな風に考えると、自分の人生に希望が持てたし、相手の出方もどーでもよくなった。

 

「もう何でもいいから早く次にいこーよー!」

ってなって、最後はものすごく不条理な条件で離婚しちゃった。

 

 

 悔しさは残るけども

親権も渡しちゃったし、

あまりに少ない財産分与だったし、

不満や悔しさが全く残ってないというわけじゃない。

 

そりゃ悔しいよ。

納得なんて、1ミリもできない結末だった。

 

もう、ここまでくると、ネタにしかならないわってレベルの不条理😅

でも、この悔しさが、この先の成功を後押しするエネルギーになる。

なりかけてる実感もある。

 

見ててごらんなさいな。

 

この先は幸せにつながっていて、

あとで今のことを振り返って、

全部ネタにしてやるんだから!!

 

 人生の最終ゴールを思い出したら何だって大丈夫

人生のゴールは幸せ。

ただそれだけ。

 

なにがどう転ぶかなんてわからないから、

今不幸になっても、大丈夫。

安心して大損しちゃえ。

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

▶子2人・ペイ活シングルマザー
▶別居後、半年間は収入0円
▶宅地建物取引士
▶手取り17万で、1年で100万円貯金!
▶ペイ活・ポイ活で月3万円
▶インスタフォロワー5000人♪

【これまでの人生をざっくり説明】

タワマンVERY妻

→貧乏シングルマザーへの転落

→お金の知識(ポイ活・ペイ活・節税・投資)を高速で吸収!

→別居2年目のときに、年間100万円の貯金に成功!


別居と離婚のメンタルケア/シングルマザーの支援制度/節約・節税/ポイ活・ペイ活/など、シンママライフを楽にする情報を発信してます♪

【メディア掲載】
2019年9月:テレビ朝日スーパーJチャンネル「増税を乗り切れ!キャッシュレス節約術」

  【インスタ】
@mina.tips

【twitter】
@sinmama_mina

詳しいプロフィールはこちら




にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ