メンタルを守る情報遮断力【真実はいつ・どこまで知るべきか?】

メンタルを守る情報遮断力【真実はいつ・どこまで知るべきか?】

エゴサはしない。

自分のエゴサも、元夫関連のエゴサも決してしない。

結婚していた頃の知り合いとも一切連絡をとらない。(一部の友人を除いて)

そう決めて、別居時に、スマホは自分名義で契約をし直し番号ごと変更、Gmailも、Facebookも全部、新規でアカウントをとりなおしました。

その理由は、自分のメンタルを守るためでした。

エゴサ=エゴサーチとは、自分の名前で検索することです。

メンタルを守る情報遮断力

誹謗中傷、批判、クレーム、ちょっとしたご意見。

どんなレベルのものであっても、そのまま、いや、それ以上にして受け取って、めちゃくちゃ気にしてしまう性格で。

このどうしようもないお豆腐メンタルっぷりは20代のころから強く自覚していました。

一度嫌なことを目にしてしまうと、一週間くらいは何をしていてもそのことが頭から離れないくらいの影響を受けてしまうという・・・。

元夫はちょっとググればいろいろ出てきちゃう人なので、別居・離婚となると、あることないこと色々とネット上に書かれることは予想がつきました。

だから、当時からずっと、エゴサ・旧SNSは一切やらないと決めていました。

知らないこと=自分の世界では起きてないこと

どんなにあることないこと書かれていたとしても、それを目にしなければ、知らないままでいれば、それは自分の世界の中では起きていないことになる。

「それは事実を受け止めようとしてないだけじゃないか?」

「いつか知ることになるなら、最初から見ておいたほうがいいんじゃないか?」

「自分が他人からどう思われているか知っておきたくない?」

と思われるかもしれないですが、メンタルが弱い人にとって、ネット上の書き込みは命に関わること。

自分が弱いという自覚がある人は、エゴサしない&SNSしないと決めることは、めちゃくちゃ大事。

ローランドさんの「俺か、俺以外か」という本の中に、「エゴサはしない。だってそれって、タンクトップで蜂蜜取りに行くようなもんだから。傷つくのわかってるところにわざわざ行かなくてよくね?」みたいなことが書かれていて、ローランドさんレベルのメンタル強げな人でも情報遮断してるんだな~と思いました。


情報遮断しすぎた結果

しかし、情報遮断しすぎてて、元夫の状況をあまりにも知らなさすぎ。

最近、おそらく関係者の中で一番最後に(たぶん数ヶ月遅れ)、破壊力強めのお話を、本人からカクカクシカジカと聞かされました。

そのときは、「さすがに情報遮断しすぎてたわ・・・」と思いましたが、何も知らなかった数カ月間、それはそれでよかったなあとも思い。

コロナとそれが重なってたら、とてもじゃないけどやってらんなかっただろうなーと。

休校の子供たちの横で、朝っぱらから飲んで、数カ月間何もできなくなってた可能性すらあります。

情報遮断して、心穏やかな状態で過ごせていたからこそ、コロナで休校・完全ワンオペ・1日3食@ホームという状況下でも、ほそぼそとブログの更新も続けられました。

その結果、なんと今月はブログから発生する収入は50万を超えそうな状況(!)←瞬間風速的なヤツかもしれませんが

自分のメンタルを守り、心穏やかな状態で、日々子供たちと楽しく過ごし、元気に仕事する。

人生がハードモードな時期は特に、情報遮断力がとてもとても、大事だなあと思いました。

子供にいつどのように真実を伝えるべきか?

とはいえ、「それ」を子供に言うべきか、言わないべきか、というのはまた悩ましいところで。

徹底的に情報遮断することで、一生知らずにすむのか?と言われたら、答えはNOかと。

いくら私や周りの大人たちが口を閉ざしていたところで、いろんなところに情報が転がっている現代。

子供たち自身に情報遮断の方法を教え込んだところで「知りたい」欲求に打ち勝つのも難しいだろうし、SNS経由で関係者以外から知らされてしまう可能性もある。

いっそ、墓場まで持っていけたらと思うけど、たぶんそれ99%無理・・・。

 

真実を知らず、まっすぐに父親のことを信じたまま、楽しい時間を過ごす時間は幸せだと思う。

なんの心配もせず、悲しい思いをすることなく、憎んだり恨んだりすることもなく、平和な時間の中で勉強して、部活して、その方がきっと子供たちはスクスク育つだろう。

 

だけど、知ってしまったときのショックはどうなる?

楽しく過ごした時間が長ければ長いほど、しんどい思いをさせてしまうのではないかと・・・。

いつ、どうやって伝えるのがベストなのか?

まだ、自分の中でも答えが出てません。

 

でも、とりあえず、いまの私が確実できることは、『私自身と子供たちの間の信頼関係を大事に育んでおくことだ』と思いました。

現状、元夫が子供たちについている嘘に加担しているような状況なので、この部分はめちゃくちゃ心苦しいところなのですが、でもそれ以外については、私は決して子供たちに嘘はつかない。

子供たちが悲しむことを、「私は」決してしない。

子供たちに知られて困ることを、「私は」決してしない。

「ママは信じられる。なんでも話せる。辛い時はママに相談しよう」

一緒に住んでいる私が、子供たちと一番長い時間過ごしている私が、そう思ってもらえる存在になっておけば、避けられないショックも、少しはマシになるのかもしれない。

 

それでも・・・。

真実をなかなか話すことができなかった私を、あの子たちは、どう思うか。

答えが、見えないのです。

 

離婚とメンタル
>>>「子供に貧しい思いをさせて申し訳ない」と思ったとき

>>>転落人生

>>>じぶんのことしか考えないひと

>>>メンタルを守る情報遮断力【真実はいつ・どこまで知るべきか?】

>>>成功者の悲劇

>>>レンタル家族

>>>愛の定義

>>>バレなきゃいいと、罪悪感なく嘘をつくひと

>>>愛なんてない

>>>動きたいけど、動けない

>>>お金への執着【離婚で見えた私の本性】

>>>上手に他人を憎む方法

>>>どうしても、どうしても、元旦那を許せない時

>>>先に被害者をやめる勇気

>>>逃げていい

>>>別居するかどうか、悩んでいた2年前の私へ

>>>【シングルマザーの辛い気持ち】私はこれで、少しだけ救われた。

>>>離婚後の辛いメンタルから立ち直る方法

>>>【面会が楽になる考え方】すっぱりあきらめ、覚悟し、開き直る

>>>面会の憂鬱を乗り越える方法

>>>【別居・離婚】頭で考えても答えが出ない時は、身体の反応で判断する

>>>大いなる誤解

>>>嘘つきなんて大嫌い!

>>>私のことは、私が救う【シングルマザーのセルフメンタルケア】

>>>叩きのめしてスッキリしたい【シングルマザーの黒い感情を消化する】

>>>大切なものを失った時、私たちはどうしたらいい?

>>>怒りのコップの仕組み【怒りや批判が怖い人へ】

にほんブログ村の「シングルマザー」ランキングに参加しています。

記事が役に立ちましたら、クリックいただけるとめちゃくちゃ嬉しいです♪ にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ にほんブログ村
ブログランキングの「シングルマザー」ランキングにも参加しています!

なななんと、昨年末40位から4位に大浮上してました(!!!)

シングルマザーランキング






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

▶子2人・ペイ活シングルマザー
▶別居後、半年間は収入0円
▶宅地建物取引士
▶手取り17万で、1年で100万円貯金!
▶ペイ活・ポイ活で月3万円
▶インスタフォロワー5000人♪

【これまでの人生をざっくり説明】

タワマンVERY妻

→貧乏シングルマザーへの転落

→お金の知識(ポイ活・ペイ活・節税・投資)を高速で吸収!

→別居2年目のときに、年間100万円の貯金に成功!


別居と離婚のメンタルケア/シングルマザーの支援制度/節約・節税/ポイ活・ペイ活/など、シンママライフを楽にする情報を発信してます♪

【メディア掲載】
2019年9月:テレビ朝日スーパーJチャンネル「増税を乗り切れ!キャッシュレス節約術」
2020年1月:TBS・グッとラック「お得なポイ活」

  【インスタ】
@mina.tips

【twitter】
@sinmama_mina

【Pinterest】
@singlemothertips

【YouTube】
シングルマザーTips

【note】
シンママ節約ブロガーnote


詳しいプロフィールはこちら