愛の定義

愛の定義

「病気になったとき、怪我をしたとき、困ったとき、会いたいと言われたときに、いつでも一番に飛んで行くのが愛だ」という、「愛=最優先」という考え方がある。

この価値観だと、恋愛は1対1、結婚したら浮気も不倫ももってのほか、親子関係も1組の親で1家族を構成する、しかありえなくなる。

 

一方で、

「会っている間に、最大限やさしく接することが愛だ」という価値観や、

「何不自由ない生活を保証することが愛だ」という価値観も存在する。

この価値観だと、ポリアモリーとか、一夫多妻制とか、もっと進化(?)した場合は、複数の大人が複数の子供を共同で育てる(もはや父親はよくわからない状態)、なんていう形態すら可能になる。

理論的には。

 

おそらく多くの日本人が、恋愛も結婚も1対1という、前者の価値観のなかで生まれ育ち、私ももれなく、前者の価値観で生きてきて、今もなお、思いっきり前者の価値観に所属している。

なので、私は後者の価値観について考えをめぐらせただけでも、だいぶ気分が悪くなってしまうし、こうやって文章にするのもかなり抵抗はあるのだけど・・・。

「私が苦しんでいる理由」をつきつめて考えると、どうしてもここに考えを至らせざるを得ない。

今までの愛の定義が、もう本当は機能できていない可能性

浮気・不倫・ワンオペ育児・産後クライシス・仮面夫婦→その影響で子供が荒れる、みたいな「家族問題」は、現代の日本において、どれにも当てはまらない人のほうが少ない気がしてならない。

「いてほしいときにいてくれない」

「帰ってきてほしいと頼んでも、帰ってきてくれない」

=自分のことを最優先してほしいという理想が叶わない

ガッカリするのはもう嫌だ、期待するのをやめてしまおう

あの人は、いてもいなくてもいい人だと思おう

悲しみも、寂しさも、感情すべてにフタをしよう

表面的には割り切ったように見えるけど、満たされない感情を抱えた夫婦関係・親子関係

こういう満たされない感情を抱えながら、経済的な理由や世間体でかろうじて家族関係を保っている人は、きっと、とても多い。

 

ということは、今、常識だと信じられている愛の定義や制度そのものに対して、無意識ではあっても、深いところで「正直しんどいわ」と思っている人も多いんじゃないだろうか?

「1対1で、お互いいつでも最優先でいるべき」という愛の定義は、すでに多くの家族の中で機能できていないんじゃないだろうか?

複数の大人が、複数の子供を共同養育する未来?

仮に、あくまでも仮にです。

「会っている間に、最大限やさしく接することが愛だ」

「何不自由ない生活を保証することが愛だ」

「1対1である必要はない」

という愛の定義を採用してみたと仮定すると。

これだと、ポリアモリーとか、一夫多妻制とか、もっと進化(?)した場合は、複数の大人が複数の子供を共同で育てる(もはや父親はよくわからない状態)、なんていう形態すら可能になる。

というか、よく考えたら、縄文時代とかは、1つの洞窟の中で「複数の大人が複数の子供を共同で育てる(もはや父親はよくわからない状態)」がナチュラルに発生していたんじゃないか?とも思える。

1人の相手、自分の子だと確定している子供だけではなく、集団をまるごと守り、維持し、愛する感じ。

確か、本田健さんが書かれたバシャールの本にも、「5人のお父さん、5人のお母さん」みたいな家族形態がこれからの進化系だ、みたいな記述があった。


それを最初に読んだ時は、正直オェーって感じたし、今もなお、想像しただけで気分の悪さを感じてしまうけど・・・。

「いま、私を苦しめているのは何か?」って考えたときに、「愛=1対1で、お互いいつでも最優先でいるべき」という理想が、叶えられなかったことにあることには、すでに気づいてしまっている。

苦しみから抜け出すために、できること

ヒドイ現実が起こって、

「どうにかしてこの苦しさから抜け出したい」

と思った時。

私たちが誰にも邪魔されず、思い通りにできる唯一のことは、相手を変えようとすることではなくて、自分の頭の中を深く掘り下げて、どこに囚われているのかを知ること。

相手も、現実も、変えることはできなくても、自分の頭の中は、実は果てしなく自由。

 

私が今まで採用してきた愛の定義は「1対1で、いつでも相手を最優先にする」だった。

この愛の定義とは、ぜんぜん違う定義をもった人と出会って、どうにもこうにも行かなくなった。

現実的にできることは「離れる」ことで、

頭の中でできることは「自分がもっていた定義そのものを一度疑ってみる」ことだった。

 

哲学って、こういう「真反対の価値観を想像して、討論してみる」ということをするらしい。

答えのない問題について深く掘り下げて考えるために。

 

私は「自分の常識を超えて、もっと楽に生きれるようになりたい」と思い、数年かけて、この愛の定義について考えをめぐらせてきて、新しい愛の定義についても、かなり柔軟に可能性を追求してきたのだけど。

やっぱり今も、「愛は1対1の最優先の関係」がいい(苦笑)

こんなに苦しんでいるのに。

それでもなお、こっちに固執していたいと、「いまのところは」思ってる。

 

こうやって、考えて考えて考え抜いて、それでもこっちがいいと選んだ価値なんのなかで苦しむのなら、

仕方がないねえと、ちょっとだけ、苦しさは軽くなる。

 

離婚とメンタル
>>>「子供に貧しい思いをさせて申し訳ない」と思ったとき

>>>転落人生

>>>じぶんのことしか考えないひと

>>>メンタルを守る情報遮断力【真実はいつ・どこまで知るべきか?】

>>>成功者の悲劇

>>>レンタル家族

>>>愛の定義

>>>バレなきゃいいと、罪悪感なく嘘をつくひと

>>>愛なんてない

>>>動きたいけど、動けない

>>>お金への執着【離婚で見えた私の本性】

>>>上手に他人を憎む方法

>>>どうしても、どうしても、元旦那を許せない時

>>>先に被害者をやめる勇気

>>>逃げていい

>>>別居するかどうか、悩んでいた2年前の私へ

>>>【シングルマザーの辛い気持ち】私はこれで、少しだけ救われた。

>>>離婚後の辛いメンタルから立ち直る方法

>>>【面会が楽になる考え方】すっぱりあきらめ、覚悟し、開き直る

>>>面会の憂鬱を乗り越える方法

>>>【別居・離婚】頭で考えても答えが出ない時は、身体の反応で判断する

>>>大いなる誤解

>>>嘘つきなんて大嫌い!

>>>私のことは、私が救う【シングルマザーのセルフメンタルケア】

>>>叩きのめしてスッキリしたい【シングルマザーの黒い感情を消化する】

>>>大切なものを失った時、私たちはどうしたらいい?

>>>怒りのコップの仕組み【怒りや批判が怖い人へ】

にほんブログ村の「シングルマザー」ランキングに参加しています。

記事が役に立ちましたら、クリックいただけるとめちゃくちゃ嬉しいです♪ にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ にほんブログ村
ブログランキングの「シングルマザー」ランキングにも参加しています!

なななんと、昨年末40位から4位に大浮上してました(!!!)

シングルマザーランキング






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

▶子2人・ペイ活シングルマザー
▶別居後、半年間は収入0円
▶宅地建物取引士
▶手取り17万で、1年で100万円貯金!
▶ペイ活・ポイ活で月3万円
▶インスタフォロワー5000人♪

【これまでの人生をざっくり説明】

タワマンVERY妻

→貧乏シングルマザーへの転落

→お金の知識(ポイ活・ペイ活・節税・投資)を高速で吸収!

→別居2年目のときに、年間100万円の貯金に成功!


別居と離婚のメンタルケア/シングルマザーの支援制度/節約・節税/ポイ活・ペイ活/など、シンママライフを楽にする情報を発信してます♪

【メディア掲載】
2019年9月:テレビ朝日スーパーJチャンネル「増税を乗り切れ!キャッシュレス節約術」
2020年1月:TBS・グッとラック「お得なポイ活」

  【インスタ】
@mina.tips

【twitter】
@sinmama_mina

【Pinterest】
@singlemothertips

【YouTube】
シングルマザーTips

【note】
シンママ節約ブロガーnote


詳しいプロフィールはこちら