愛が足りない?

子供は、惜しみなく親のことを愛してくれている。
父親のことも、母親のことも、とても公平に。

その公平さが、不公平感をかき立てる。

どうしてこの子は、
あんな人にも惜しみない愛を与えるの?と。

私の方が、金銭的にも時間的にも、
気持ちの上でも何倍も愛を与えているのに。

気づき

そこでふと気づく。

誰かに愛を与えるのに、
理由なんているのだろうか?
条件なんて決められているのだろうか?

1つ与えてくれたら、
1つ与え返すようなものなのだろうか?と。

子供は親のことを無条件に信じ、
愛されても、愛されなくても、
そんなことどっちだって構わないという潔さで、
ただ真っ直ぐに愛を与えてくれる。

そして、愛が足りていると感じている子供は、
安心して健やかにのびのび成長し、
愛が足りないと感じている子供は泣き、怒り、反抗することで、もっと自分に愛を与えて欲しいと表現する。

これ、大人も全く一緒なんだな。

ということに気づいた。

攻撃する人は、ただ「愛が足りない」と叫んでいるだけ

攻撃する人は、ただ「愛が足りない」と叫んでいるだけ

相手が攻撃してくる理由は、
「どうして僕のことを分かってくれないんだ」
「もっと尊敬してほしい」
「もっと優しくしてほしい」
=愛が足りないと叫んでいる状態であり、

自分が相手になにか要求するときも、
「どうして私たちのことを理解してくれないの?」
「家族としてもっとちゃんと考えてほしい」
「寂しい気持ちを分かってほしい」
=愛が足りないと叫んでいる状態だった。

この「愛が足りない」戦争に終止符を打つには、
どちらかが先に、ゲームから降りることを決断するしかない。

これが、無条件に愛を与えるってことなんだと、
潔く先に折れて降参するしかない。

でも、先に折れた方は、
結果的に、諸条件やお金で損をする可能性は高い。

しかも、子供はどっちが先に折れたかなんて関係なしに、相変わらずどちらの親にも愛を与えるから、なんだかものすごく悔しいと思ってしまう。

だから怖い。
ものすごく怖い。
めちゃくちゃ怖い。

目に見えるものを失って、目に見えないものを手に入れた

でも、無条件に愛を送ることができたという経験は、きっとこの先一生自分を支える糧になる。

目に見えるものをたくさん失っても、
目に見えない何かを手に入れることになる。

目に見えないパワーを手に入れて、
次の人生が創れるような予感がする。

私はずっと前から、
何をやってもパッとしなくて、
自分にバツ印をつけてばかりだったけど、
今回の件で、はじめて自分を自分で尊敬することができた。

私は、愛を与えられる人間になったんだと思えて誇らしかった。

簡単だけど、難しこと。
難しいけど、簡単なこと。

これは、ものすごい発見だった!

にほんブログ村の「シングルマザー」ランキングに参加しています。

なななな、なんとっ、1位になってました〜!ありがとうございますっっっ

記事が役に立ちましたら、クリックいただけるとめちゃくちゃ嬉しいです♪ にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ にほんブログ村
ブログランキングの「シングルマザー」ランキングにも参加しています!

なななんと、昨年末40位から4位に大浮上してました(!!!)

別居前にめちゃくちゃ読んで救われたふゆぽんさんの「ちいさな世界」が真上に〜〜!↓ シングルマザーランキング






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

▶子2人・ペイ活シングルマザー
▶別居後、半年間は収入0円
▶宅地建物取引士
▶手取り17万で、1年で100万円貯金!
▶ペイ活・ポイ活で月3万円
▶インスタフォロワー4000人♪

【これまでの人生をざっくり説明】

タワマンVERY妻

→貧乏シングルマザーへの転落

→お金の知識(ポイ活・ペイ活・節税・投資)を高速で吸収!

→別居2年目のときに、年間100万円の貯金に成功!


別居と離婚のメンタルケア/シングルマザーの支援制度/節約・節税/ポイ活・ペイ活/など、シンママライフを楽にする情報を発信してます♪

【メディア掲載】
2019年9月:テレビ朝日スーパーJチャンネル「増税を乗り切れ!キャッシュレス節約術」

  【インスタ】
@mina.tips

【twitter】
@sinmama_mina

詳しいプロフィールはこちら




にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ