間違った節約マインドで心が死にかけた話【トキメキ買いで収入アップ!】

私は別居して最初の1年ちょっとの間、本当にお金に困っていました。

半年間は婚姻費用は0円、元主婦だった自分も就職できていなくて収入も0円。

家を出るときに持ち出した自分と子供名義の貯金100万ちょっとを切り崩しながらの生活。

それが別居生活のスタートでした。

実家に身を寄せていたものの、実家から「借金すること=悪いこと&恥ずかしいこと」だと思いこんでいたので、お金を借りることも考えていなかったし、家賃&食費も貯金から実家に払い込んでいました。

だから、通帳残高はみるみる減っていき、この先、子どもたちを食べさせていけるのか、不安で不安で仕方なかった。

そんな恐怖の時期がしばらく続いたせいで、就職して収入が入るようになってからも、その後婚姻費用の仮払いが支払われるようになってからも、副業やポイ活・Pay活で貯金する余裕ができ始めてからも、お金を使うのが怖すぎて、私は「本当に必要なものしか買えない体質になってしまって。

  • 「自分こづかい」は2ヶ月に1回の2000円の美容室のみ。
  • ペットボトルなんて買えない。外出先で喉が乾いても、家に帰るまで我慢。
  • すき家でも、子供たちにお子様セットをあきらめさせて、牛丼大盛りを3人でシェアする。

 

そんなストイックすぎる節約生活を2年近く続けた結果、貯金残高も200万円を超え、食べれなくなる不安は消えたのですが、それと引き換えに、私は生きる気力を失っていったのです。

 

ただ生存するためだけに、苦労して働くむなしさ

子どもたちに少しでもいいものを食べさせたい

かわいい洋服も着せたい

新しい靴も買ってあげたい

シングルマザーだからって、苦労させたくない

 

そんなふうに思って、ただがむしゃらにストイックな節約生活を続けてきたら、いつの間にか、自分のために生きることを忘れてしまいました。

子どもたちが面会で家にいないときに、一人でやりたいことが何もないことに気づいたのです。

 

別に何も食べたくない

別に何もほしくない

別になにもしたくない

・・・このまま消えてしまいたい、でも、子どもたちが悲しむからそれはできない。これ以上悲しい思いはさせられない。

 

そんな、無気力な精神状態に陥ってしまいました。

 

「ただ生存するためだけに生きるなんて、むなしすぎる。何とかしなきゃ。もっと自由にお金を使うために、副業でもなんでもやってもっと稼がなきゃ」

そう思い、気持ちだけが焦って焦って・・・。

一方で体は前々言うことを聞かない。仕事が終わって帰ってきて、御飯作って子どもたちをお風呂に入れたら、もう気力も体力も残ってなくて・・・。

子供と一緒に寝て、子供と一緒に起きて、毎日10時間眠っているにもかかわらず、疲れが前々とれないという生活が続きました。

生きるエネルギーが、ものすごく低下していました。

 

生きるエネルギーを失っていたのは、自分に時間とお金をかけることを禁止していたから

「私はなんでこんなに疲れているんだろう?」

と、疑問に思って、答え探しをはじめました。

もともと、自己啓発書などが大好きで、いろいろ本を読んでいたのですが、なんだか「これだ」というものに出会えず、とにかくAmazonプライムリーディングで読める本(プライム会員がただで読める本)を片っ端から読んでいたところ、Keiichiさんという方が書いた本がおもしろく、無料のメルマガにも登録したところ、そのKeiichiさんがおすすめしているYouTubeの動画がありました。

それが、Happyちゃん(さちまるちゃん)という「引き寄せの法則」をものすごくわかりやすく説明してくれている人の動画でした。


「自分のホッとすることをする」

「1日数分でもいいから自分が、気分がいいなあ、楽しいなあと思えることをする」

「ウィンドウショッピングとか、心がウキウキすることをやる→今まで『無駄』だと思っていたやめていた時間の使い方をすることを自分に許す」

「カフェでコーヒーを飲むとか、マッサージに行くとか、いまできる範囲で自分のためだけにお金を使ってみる」

「心がホッとして、日常生活で少しでも楽しい時間を作れば、少しずつエネルギーがたまって、自然とやりたいことができるようになる」

「あせって『行動』しない。自分のエネルギーを回復させるのが先」

「行動したり、引き寄せするのは、それからなんです!」

 

というようなことを、本当に、わかりやすく解説してくれていました。

「そうか!私は自分のために時間をお金を使うことを許していなかったから、生きるエネルギーがなくなっていたんだ!お金も時間も、使い方を変えてみよう!」

と思ったのです。

 

勇気を出して、プチぜいたくを自分に許したら・・・

私自身のためにお金を使うことを許すのは、正直めちゃくちゃ怖かったです。

貯金が200万円あるとはいえ、「これは将来の子どもたちの学費なんだ。まだまだ貯めないと」と思っていたから。

それでも、自分の生きるエネルギーを回復しないことには、これ以上の収入アップも無理だろうということはわかっていたので、少しずつ、少しずつですがお金のブロックをして行きました。

 

ステップ1:自分のためだけにキムチを買ってみた

好きだけど、子どもたちが食べられないからもったいないと思っていたキムチ(160円)を買いました。

こんな、本当に小さな小さなプチぜいたくからはじめました。(キムチがスタートって 苦笑)

こんなちっぽけなことなのですが、やってみると、

「あ~、やっぱキムチうまーっ!自分で稼いだお金で食べるキムチうまーーーーっ!!!」

って、テンションが上がるんですよ(笑(

 

ステップ2:すき家で「なんでも好きなもの頼みなよ」をやってみた

今までは、外食のときも「いかに安くお腹いっぱいになるか」を重視していたので、牛丼でも、うどんでも、大盛りを3人でシェアするようなオーダーをしていました。

「今本当は何が食べたいか?」を全く無視していたので、子どもたちはあからさまに「本当はお子様セットがよかったのに~」って不満が貯まっていて、私も「せっかくの外食なのに喜んでもらえなかったなあ・・・」って、悲しい思いが貯まっていました。

こういうお金の使い方が、じわじわと生きるエネルギーを奪ってきたんじゃないかと思ったので、思い切って、外食のときは、私も子どもたちも、値段を気にせず自分の好きなものを選ぶようにしようと決めました。

ただ、収入は相変わらず手取り17万円。外食に使える上限額はもちろんあるわけなので、行くお店は相変わらず「すき家」とか、「うどん屋」「ラーメン屋」くらいです。

でも、でもですよ!

はじめて、すき家で「なんでも好きなもの注文していいよー」って言ったときの感動は半端なかった!

めちゃくちゃ気分が良くて!

なんか、『自分には、好きなものが食べれる、子どもたちにも好きなものを食べさせてあげられるんだ』って自分に自信が戻ってきたというか。

子どもたちは、すき家のお子様セット、チーズトッピングなんかもしちゃって。

私は、やっぱり大好きなキムチをトッピング、サラダもつけちゃったりして。

「あ~美味しかったね!!」

って、家族3人みんな大満足。

出ていくお金にも自然と感謝ができて。

自分を大切にするお金の使い方って、こういうことなんだなって思いました。

 

ステップ3:ロクシタンのハンドソープ&ハンドクリームを買ってみた

キムチ(160円)→すき家(1500円)と、少しずつお金のブロックを外していって、最近思い切って買ったのが、ルームフレグランス(2800円)と、ロクシタンのハンドソープ&ハンドクリーム(2つで5000円くらい)。

私は、もともとミニマリスト傾向があるので、物欲ってあんまりなくて、でも、いい香りがするものは昔から大好きだったのです。

ルームフレグランスとか、いい香りのするハンドソープとか、生活には全く必要ないものなので、この2年はそんなものが好きだったことすら、すっかり忘れていました。

だから、さすがに買うの、迷いました。イオンをぐるぐる1時間くらい回って悩みました(笑)

でも、も~えいやって買ってみたんです。

築30年、ウォシュレットもない、ボロアパートの我が家のトイレに、ロクシタンのハンドソープ&ハンドクリームがやってきました。

トイレに行って、手を洗うたびに、ヴァーベナのいい香りが!!

そして毎回ハンドクリームを丁寧に手につけるので、カサカサだった手にも潤いがもどってきました!!

高かったけど、でも、それ以上に、私のテンションがトイレに行くたびに上がるという絶大な効果が!!!

「そーゆーことかーーー!!!お金って、こうやって使うものなんだ!!!!!」

って、めちゃくちゃ腑に落ちました。

 

まとめ:間違った節約マインドを捨てて、トキメキ買いを許可すると、収入が上がった!

自分の好きなものを全部我慢する、ストイックな節約を長くやってしまうと、じわじわと自分の生きる気力を奪います。

生きる気力がなくなると、働くのが本当に辛くなる。

そして、収入アップができなくなる。

怖いかもしれないけど、自分の好きなものに気持ちよくお金を使うトレーニングをする=『トキメキ買い』ができるようになると、それは自分のエネルギーを増やしてくれて、「もっといろいろチャレンジしてみよ。ブログも書いてみよう!」などと、自然と行動ができるようになって、結果的に収入も増えていきます。

「同じものを買うならポイントが貯まる手段でポイ活ペイ活

「使ってない部屋の電気は消す」

とか、そういう「無駄を削る」節約は今も続けていますが、でも、自分や子どもたちの望むものを削るという節約はもうやめました。

別居→離婚、という経済危機&精神的な危機を経て、一度しかない人生を、今が可愛い盛りの子どもたちとの生活を、私という絶対に裏切らない存在を、もっと大事にしたいなあと思えました。

ただ生存するためだけに生きるなんて、むなしすぎるよ。

 

美味しいもの食べたい。

楽しいことしたい。

色んな体験したい。

 

少しずつでも、叶えていく!

 

 

にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

▶子2人・シンママ生活3年目
▶別居後、半年間は収入0円
▶宅地建物取引士
▶手取り17万で、1年で100万円貯金!
▶ポイ活・ペイ活で月3万円
▶インスタフォロワー5000人♪

【これまでの人生をざっくり説明】

タワマンVERY妻

→貧乏シングルマザーへの転落

→お金の知識(ポイ活・ペイ活・節税・投資)を高速で吸収!

→別居2年目のときに、年間100万円の貯金に成功!


○○ペイやポイントを駆使した最新の節約術/別居と離婚のメンタルケア/シングルマザーの支援制度など、シンママライフを楽にする情報を発信してます♪

【メディア掲載】
2019年9月:テレビ朝日スーパーJチャンネル「増税を乗り切れ!キャッシュレス節約術」
2020年1月:TBS・グッとラック「お得なポイ活」

  【インスタ】
@mina.tips

【twitter】
@sinmama_mina

【Pinterest】
@singlemothertips

【YouTube】
シングルマザーTips

【note】
シンママ節約ブロガーnote


詳しいプロフィールはこちら