【2020年11月】LINEモバイルのキャンペーンを併用して最安にする方法【事務手数料が無料になる招待キャンペーンも!】

LINEモバイルを一番お得に始める3ステップ!キャンペーンの併用方法【2019年最新版】

格安SIMのLINEモバイルに乗り換えてから早3年!

毎月の利用料は1000円台で、とてもお得に使えています。

LINEモバイルを愛用している理由
  • 基本料金が安い。
  • LINEのトーク・音声通話・ビデオ通話は追加料金0円で使い放題なので、契約するデータ容量が少なくてすむ。
  • クレジットカードがないと申し込めない多くの格安SIMの中では珍しく、LINEPayカードという審査なしのプリペイドカードを作ることで、だれでも申し込める。

このような理由から、LINEモバイルを使い続けています!

シンママさん

LINEモバイルっていろんなキャンペーンがあっていて、キャンペーンの併用ができるのかどうかとか、どういう手順で申し込めば一番お得になるのかがわかりづらくて・・・。

その気持ち、よ~くよ~くわかります(;´Д`)

ということで、本記事では、最安でLINEモバイルが始められるキャンペーンの併用方法と手順をまとめました!

だれでも間違わずに一番お得な方法でLINEモバイルが始められるように、3ステップで順番に解説します。

本記事では、LINEモバイルの「音声通話SIM」を新規申し込む時に最安になるキャンペーンの併用方法ついて書いています。

格安SIMには大きく分けて2種類あります。

  • 音声通話SIM・・・電話とデータ通信ができ、電話番号が持てる(これまでの電話番号も使える)
  • データ通信SIM・・・データ通信のみで、電話ができない

通常、大手キャリアのスマホを格安SIMに乗り換えたい方は、電話機能もついている音声SIMにすることがほとんどなので、この記事では「LINEモバイルの音声通話SIM」に最安で申し込む方法ついて解説していきます。

目次

【ステップ1】LINEモバイルの事務手数料3000円を無料にする方法は「招待キャンペーン」か「エントリーパッケージ」のどちらかを使う!

LINEモバイルを最安で始めるには?【事務手数料3000円を0円にする方法は2つある】

まず、LINEモバイルの初期費用ですが、「事務手数料3000円」と「SIMカード発行手数料400円」の2つがかかります。

そのうち、「事務手数料3000円」については、無料にする方法が2つあります。

  1. 友達招待キャンペーンURL経由でLINEモバイルに申し込む
  2. エントリーパッケージを購入しておく

LINEモバイルを最安で申し込むためには、まずは、この2つのどちらかの方法を使って事務手数料3000円を無料にする必要があります。

①招待キャンペーンURLからLINEモバイルに申し込み、事務手数料を無料にする方法

友達紹介URL(招待プログラム)経由でLINEモバイルに申し込めば、事務手数料が無料になる!

LINEモバイルには招待キャンペーンというものがあります。

LINEモバイルユーザーの人が発行した「招待キャンペーンURL」経由でLINEモバイルを申し込めば、招待された人は、

  • 音声通話SIMなら、3000円の事務手数料→無料
  • データSIM(SMSつき)なら、3000円の事務手数料→500円

になります。

現在、一番安くLINEモバイルを申し込む方法は、この友達招待キャンペーンを利用する方法です。

②エントリーパッケージを購入してからLINEモバイルを申し込み、事務手数料を無料にする方法

登録事務手数料がお得になるエントリーパッケージの購入

また、先ほどの友達招待プログラムとは別のやり方で、事前にエントリーパッケージ(Amazonで350円くらい)を購入しておいて、事務手数料3000円を無料にする方法もあります。

 エントリーパッケージというのは、16桁のエントリーコードが記載された紙のお手紙のようなものです。

このエントリーパッケージを事前に購入しておいて、申込時に16桁のエントリーコードを入力することで、事務手数料の3000円が無料になります。

LINEモバイルのエントリーパッケージは、家電量販店やAmazonで販売されていて、定価は900円です。

現在は、Amazonだと350円前後で販売されています!


ただ、エントリーパッケージを利用して事務手数料3000円を無料にする方法では、エントリーパッケージの購入費用の350円が必要です。

つまり、現在のところ、一番安くLINEモバイルに申し込む方法は、やはり友達招待プログラムを利用する方法です。

【ステップ2】スマホ基本料ワンコイン500円(3ヶ月間980円引き)キャンペーンを利用する



次に、キャンペーン期間中に、ベーシックプラン(音声通話SIM・3GB以上)の新規契約で、3ヶ月間980円値引きになるキャンペーンを利用します。

このキャンペーンは、とくに申し込みなどは必要なく、音声通話SIM・3GB以上のプランを選んで申し込めば自動で適用されます。

>>>LINEモバイル公式ホームページ

【ステップ3】申し込むプランを決める

LINEモバイルの音声SIMに申し込むときに決めなくてはいけないのは、

  1. データ容量を「500MB、3GB、6GB、12GB」から選ぶ
  2. データフリーオプション「LINEデータフリー、SNSデータフリー、SNS音楽データフリー)から選ぶ
  3. 10分電話かけ放題をつけるかどうか選ぶ

この3つです。

データ容量の選び方

LINEモバイルのデータ容量をは「500MB、3GB、6GB、12GB」から選べます。

家や会社にWIFIがある方で、外出時に動画などをしょっちゅう見るわけではない場合は3GBでいいかなという感じです。

もし足りなくなった場合でも、追加で1ヶ月に3回までは、以下の単位でデータ容量を買い足すことができます。

0.5GB: 500円

1GB: 1000円

3GB: 3000円

また、「音声通話SIM・3GBで申し込んだけど、少なかったので翌月から音声通話SIM・6GBに変更したい」「音声通話SIM・6GBで申し込んだけど、多すぎたので翌月から音声通話SIM・3GBに変更したい」場合などは、マイページから無料でプラン変更ができます。

【注意点】

  • スマホ基本料が3ヶ月間980円引きになる「ワンコイン500円キャンペーン」は、500MBを選んだ場合は対象外になる
  • スマホ基本料ヶ月間980円引きになる「ワンコイン500円キャンペーン」は、値引が適用されている期間に500MBのデータ容量に変更した場合はキャンペーンの対象外になる

>>>LINEモバイルの料金プラン一覧

データフリーオプションの選び方

lineモバイル

また、LINEモバイルには以下3種類のデータフリーオプションがつけられます。

LINEデータフリー 月額0円 LINE利用時のデータ通信量がゼロに。
SNSデータフリー 月額280円 LINE、Twitter、Facebook利用時の
データ通信量がゼロに。
SNS音楽データフリー 月額480円 LINE、Twitter、Facebook、Instagram、
LINE MUSIC、Spotify、AWA利用時の
データ通信量がゼロに。

 

ミーナ

LINEモバイルは、LINEデータフリーが0円なので、トークも音声通話もビデオ通話も、いくら使ってもデータ容量が消費されないのがかなり大きなメリットです!

これがあるおかげで、データ容量は3GBでも足りるという方が多いのではないかと。

>>>LINEモバイルの料金プラン一覧

10分電話かけ放題は必要かどうか?

電話をよく使う方であれば、10分かけ放題880円をつけておくのもありかと思います。

ただ、LINEモバイルの音声通話SIMの場合は、通話アプリ「いつでも電話」を使うことで、追加料金0円で通話料が半額(10円/30秒)になります。

10分かけ放題は月880円。

880円÷20円(1分あたりの電話代)=44分。

約10分の通話を月に4~5回以上するのであれば、かけ放題をつけたほうがお得という目安ですね。

 

いつでも電話

さらに、LINEにはLINE Out freeといって、無料で通話できる方法も存在します。

保育園や小学校への欠席連絡や、お店の予約をするときは、このLINE Out freeを使えば通話料0円になるので、かなり重宝しています!

LINE Out Freeで通話は無料になる!「かけ放題」はもういらない!

それに、お友達や家族間の通話なら、そもそもLINEの音声通話を使えばいいですしね。

なので、お仕事で電話をよく使う場合や、おばあちゃんなどLINEが使えない方とよく話す場合以外は、かけ放題が必要になるケースはあまりないのかなと思います。

初年度の合計料金と、1ヶ月あたりの料金のシミュレーション

参考までに、

  1. 友達招待プログラムかエントリーパッケージを利用して、事務手数料を無料にして、
  2. 「スマホ基本料ワンコイン500円(3ヶ月間980円引き)キャンペーン」を利用して、
  3. 3GBか6GBの音声通話SIMに申し込んだ場合

に、初年度にかかる費用の合計金額と、それを12ヶ月で割った月あたりの金額をシミュレーションした表を載せておきます。



※正確には、初月の料金は基本料金は「日割り料金+データフリー料金満額」が加算されますが、便宜上以下の表では日割り料金部分は0円にしています。なので実際にはもう少し費用がかかります。

『音声SIM・3GB』初年度合計料金・1ヶ月あたりの料金

音声SIM 3GB

 

【友達招待プログラムから申し込んだ場合

データフリーオプション LINEデータフリー
(+0円)
SNSデータフリー
(+280円)
SNS音楽データフリー
(+480円)
事務手数料 ¥3,000 ¥3,000 ¥3,000
友達紹介で事務手数料0円 -¥3,000 -¥3,000 -¥3,000
SIMカード発行手数料 ¥400 ¥400 ¥400
初月 ¥0 ¥280 ¥480
2ヶ月目 ¥500 ¥780 ¥980
3ヶ月目 ¥500 ¥780 ¥980
4ヶ月目 ¥500 ¥780 ¥980
5ヶ月目 ¥1,480 ¥1,760 ¥1,960
6ヶ月目 ¥1,480 ¥1,760 ¥1,960
7ヶ月目 ¥1,480 ¥1,760 ¥1,960
8ヶ月目 ¥1,480 ¥1,760 ¥1,960
9ヶ月目 ¥1,480 ¥1,760 ¥1,960
10ヶ月目 ¥1,480 ¥1,760 ¥1,960
11ヶ月目 ¥1,480 ¥1,760 ¥1,960
12ヶ月目 ¥1,480 ¥1,760 ¥1,960
合計 ¥13,740 ¥17,100 ¥19,500
1ヶ月あたり ¥1,145 ¥1,425 ¥1,625

※初月は基本料金の日割分が別途かかります

【エントリーパッケージを利用して申し込んだ場合

データフリーオプション LINEデータフリー
(+0円)
SNSデータフリー
(+280円)
SNS音楽データフリー
(+480円)
事務手数料 ¥3,000 ¥3,000 ¥3,000
エントリーパッケージ
購入代金
¥350 ¥350 ¥350
エントリーパッケージ
で事務手数料0円
-¥3,000 -¥3,000 -¥3,000
SIMカード発行手数料 ¥400 ¥400 ¥400
初月 ¥0 ¥280 ¥480
2ヶ月目 ¥500 ¥780 ¥980
3ヶ月目 ¥500 ¥780 ¥980
4ヶ月目 ¥500 ¥780 ¥980
5ヶ月目 ¥1,480 ¥1,760 ¥1,960
6ヶ月目 ¥1,480 ¥1,760 ¥1,960
7ヶ月目 ¥1,480 ¥1,760 ¥1,960
8ヶ月目 ¥1,480 ¥1,760 ¥1,960
9ヶ月目 ¥1,480 ¥1,760 ¥1,960
10ヶ月目 ¥1,480 ¥1,760 ¥1,960
11ヶ月目 ¥1,480 ¥1,760 ¥1,960
12ヶ月目 ¥1,480 ¥1,760 ¥1,960
合計 ¥14,090 ¥17,450 ¥19,850
1ヶ月あたり ¥1,174 ¥1,454 ¥1,654

※初月は基本料金の日割分が別途かかります

まずはエントリーパッケージを購入して、

 

それから、以下公式サイトから申し込む
>>>LINEモバイル公式ホームページ

『音声SIM・6GB』初年度合計料金・1ヶ月あたりの料金

 

『音声SIM・6GB』初年度合計料金・1ヶ月あたりの料金

【友達招待プログラムから申し込んだ場合

データフリーオプション LINEデータフリー
(+0円)
SNSデータフリー
(+280円)
SNS音楽データフリー
(+480円)
事務手数料 ¥3,000 ¥3,000 ¥3,000
友達紹介で事務手数料0円 -¥3,000 -¥3,000 -¥3,000
SIMカード発行手数料 ¥400 ¥400 ¥400
初月 ¥0 ¥280 ¥480
2ヶ月目 ¥1,220 ¥1,500 ¥1,700
3ヶ月目 ¥1,220 ¥1,500 ¥1,700
4ヶ月目 ¥1,220 ¥1,500 ¥1,700
5ヶ月目 ¥2,200 ¥2,480 ¥2,680
6ヶ月目 ¥2,200 ¥2,480 ¥2,680
7ヶ月目 ¥2,200 ¥2,480 ¥2,680
8ヶ月目 ¥2,200 ¥2,480 ¥2,680
9ヶ月目 ¥2,200 ¥2,480 ¥2,680
10ヶ月目 ¥2,200 ¥2,480 ¥2,680
11ヶ月目 ¥2,200 ¥2,480 ¥2,680
12ヶ月目 ¥2,200 ¥2,480 ¥2,680
合計 ¥21,660 ¥25,020 ¥27,420
1ヶ月あたり ¥1,805 ¥2,085 ¥2,285

※初月は基本料金の日割分が別途かかります

【エントリーパッケージを利用して申し込んだ場合

データフリーオプション LINEデータフリー
(+0円)
SNSデータフリー
(+280円)
SNS音楽データフリー
(+480円)
事務手数料 ¥3,000 ¥3,000 ¥3,000
エントリーパッケージ
購入代金
¥350 ¥350 ¥350
エントリーパッケージ
で事務手数料0円
-¥3,000 -¥3,000 -¥3,000
SIMカード発行手数料 ¥400 ¥400 ¥400
初月 ¥0 ¥280 ¥480
2ヶ月目 ¥1,220 ¥1,500 ¥1,700
3ヶ月目 ¥1,220 ¥1,500 ¥1,700
4ヶ月目 ¥1,220 ¥1,500 ¥1,700
5ヶ月目 ¥2,200 ¥2,480 ¥2,680
6ヶ月目 ¥2,200 ¥2,480 ¥2,680
7ヶ月目 ¥2,200 ¥2,480 ¥2,680
8ヶ月目 ¥2,200 ¥2,480 ¥2,680
9ヶ月目 ¥2,200 ¥2,480 ¥2,680
10ヶ月目 ¥2,200 ¥2,480 ¥2,680
11ヶ月目 ¥2,200 ¥2,480 ¥2,680
12ヶ月目 ¥2,200 ¥2,480 ¥2,680
合計 ¥22,010 ¥25,370 ¥27,770
1ヶ月あたり ¥1,834 ¥2,114 ¥2,314

※初月は基本料金の日割分が別途かかります

まずはエントリーパッケージを購入して、

 

それから、以下公式サイトから申し込む
>>>LINEモバイル公式ホームページ

家電量販店などでLINEモバイルを新規申し込みした場合や、招待プログラム経由で申し込みをした場合は、このキャンペーンは適用外になります。

必ず、LINEモバイル公式ホームページから新規申込みをするようにしてください。

>>>LINEモバイル公式ホームページ

まとめ:LINEモバイルは、3つのキャンペーンを併用することで最安になります!【2020年最新】

もう一度まとめておきます。

LINEモバイルは、以下の3ステップで一番最安で、お得に始められます!

【ステップ1】事務手数料を無料にする(方法は以下2種類どちらかを選ぶ)

①友達招待プログラムを利用する(一番お得!)

②エントリーパッケージを事前購入する(二番お得!)

まずはエントリーパッケージを購入して、

 

それから、以下公式サイトから申し込む
>>>LINEモバイル公式ホームページ

【ステップ2】スマホ基本料ワンコイン500円(3ヶ月間980円引き)キャンペーンを利用する

このキャンペーンは、友達紹介URLか、公式ホームページから申し込めば自動で適用されるので特別な申込みは必要なし。

【ステップ3】データ量料・データフリー・かけ放題つけるかどうかを選ぶ

 

おまけ:LINEモバイルに対応する端末はどこで買うのがお得?

中古のスマホはネットで安いのがいろいろ売ってます。

LINEモバイルは、シムフリー端末なら、iPhoneでもAndroidでもたいてい対応しているので、一度LINEモバイルが対応している機種一覧から対応端末を確認しつつ、中古の端末を買うのが安くておすすめです!

>>>中古の格安スマホ店・イオシス

 

もしくはLINEモバイルの端末キャンペーンを利用しても安くなります!


【年間5万円の節約】固定費削減はスマホ代から!【初心者さん向けおすすめ格安SIM3選】

モバイルwifiで通信費を最安にする方法!【自宅でも出先でも使い放題で月3560円!】

節約まとめ
>>>節約から人生を再スタートさせた話

>>>【クリスマスプレゼントの節約!】手出し0円でプレゼントを買った裏ワザ!

>>>無料の家計簿アプリで貯金体質になった話

>>>【キャッシュレス化で節約!】シンママにおすすめのクレカ3選!

>>>【年間5万円の節約!】家計改善は格安SIMからはじめるべし!

>>>【スマホの節約】楽天モバイル1年無料!乗り換えるべき?判断基準は2つだけ!

>>>【スマホの節約】LINEモバイルを最安で申し込むための3ステップ!

>>>【保険の節約】シングルマザー保険の選び方・見直し方(リアルな実践記)

>>>【通信費の節約】モバイルwifiを使えば、自宅ネット代+スマホ代が最安になる!

>>>【電気代の節約】電力会社の乗り換え方。Amazonギフト券もゲットする方法!

>>>【車の節約】自動車の年間維持費を安くする!比較と見積もり方法

>>>【銀行手数料0円生活】楽天銀行をメインバンクにしている5つの理由

>>>【外食費の節約】3つの方法でいつもお得に外食してます!

>>>【習い事の節約:1】子供向けオンライン英会話3選!月2800円でペラペラ♪

>>>【習い事の節約:2】年長~小学生向けのオンラインプログラミングスクール5選!

>>>【生理ナプキンの節約】月経カップがもう手放せません!

>>>Amazonで常に最安で買い物する方法(2000円還元あり!)

>>>節約が人生を変えてくれた話






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

▶子2人・シンママ生活3年目
▶別居後、半年間は収入0円
▶宅地建物取引士
▶手取り17万で、1年で100万円貯金!
▶ポイ活・ペイ活で月3万円
▶インスタフォロワー5000人♪

【これまでの人生をざっくり説明】

タワマンVERY妻

→貧乏シングルマザーへの転落

→お金の知識(ポイ活・ペイ活・節税・投資)を高速で吸収!

→別居2年目のときに、年間100万円の貯金に成功!


○○ペイやポイントを駆使した最新の節約術/別居と離婚のメンタルケア/シングルマザーの支援制度など、シンママライフを楽にする情報を発信してます♪

【メディア掲載】
2019年9月:テレビ朝日スーパーJチャンネル「増税を乗り切れ!キャッシュレス節約術」
2020年1月:TBS・グッとラック「お得なポイ活」

  【インスタ】
@mina.tips

【twitter】
@sinmama_mina

【Pinterest】
@singlemothertips

【YouTube】
シングルマザーTips

【note】
シンママ節約ブロガーnote


詳しいプロフィールはこちら