【2022】税金のお得な支払い方法!【PayPay・VisaLINEPay・LINE Pay・ファミペイ・auPAY・d払い・nanaco・クレジットカードを比較】

税金・公共料金の請求書支払いでポイント還元を受ける方法【ペイ活で節約!】
当ブログは記事内に広告を利用しています。

固定資産税・自動車税・軽自動車税・住民税などなど、税金の納付書が届いたとき、コンビニに行って現金で支払っていませんか?

実は、最近では、税金や公共料金は、クレジットカードや○○ペイなどのキャッシュレス決済でお得に払えるものがどんどん増えているのです。

ミーナ
税金を「○○ペイ」で支払う=ポイント還元を受けられる=お得です♪

本記事では、クレジットカードや○○ペイを使って、ポイント還元を受ける方法を比較&解説していきます!

ポイント付与の条件など、頻繁に条件が変更になります。最新の情報が掲載できていない場合もございますので、公式サイトでのご確認をよろしくお願いします。

目次

【2022】税金の支払いがお得になるのはどのペイ・クレジットカード?

ペイ・クレジットカードで税金を支払ったときの還元率の一覧です↓

決済手段 合計還元率 備考
一般的なクレジットカード(0.2〜1%)

0.2〜1%

ー手数料

クレカ決済は手数料がかかる

※税金の支払いはポイント対象外だったり、通常の還元率よりも低い還元率のクレジットカードもある

VISA LINE Payカード(0%)

 

+LINEPayチャージ&ペイ(0.5%)

0.5% チャージ&ペイでの支払いのみがポイント付与対象。(残高払いだとポイントがつかない)

 

※VISA LINE Pay1%+LINE Pay0.5%の二重取りにはならない

auPAY(0.5%)

0.5%

対応している自治体があまり多くない

※2022年12月以降は、auPAYカードからauPAYへのチャージがポイント付与対象外になった

セブンカード・プラス(0.5%)

 

+nanaco(0%)

0.5%  
ファミマTカード(0.5%)

 

+ファミペイ(0%)

0.5%  
PayPay(0%) 0% 対応している自治体が多い

 

※2022年4月以降、PayPayの請求書払いはポイント対象外になった

d払い(0%) 0% 対応している自治体があまり多くない

このように、税金支払い時にも、クレジットカードやペイで払うとポイントがつくので、現金で支払うよりもお得になります。

ペイでお得に支払いができる税金・公共料金の種類は、固定資産税・自動車税・住民税などかなり多い!

昔は、現金でしか支払うことができなかった税金や公共料金も、各ペイに「請求書支払い」機能がつけられたことで、支払い方法が一気に広がりました。

ペイ払いやクレジットカード払いに対応しているかどうかは、各都道府県・市区町村ごとで対応が異なりますが、もし、あなたのお住いのところが対応していれば、迷わず、現金払いをやめてペイ払い・クレジットカード払いをするのがおすすめです。

ミーナ
税金は、金額が大きいことが多いので、税金の支払いでは、ガンガンポイントが貯まります!

〇〇ペイを使ってお得に支払いができる税金の例

  • 住民税
  • 固定資産税
  • 軽自動車税
  • 国民健康保険税
  • 介護保険料
  • 後期高齢者医療保険料
  • 個人事業税
  • 不動産取得税

〇〇ペイを使ってお得に支払いができる公共料金の例

  • 上下水道料金
  • 保育所保育料
  • 学童保育料
  • 学校給食費
ミーナ
このように、かなり多くの種類の税金・公共料金をペイで支払えるようになっています!

それでは、以下よりPayPay、LINEPay、FamiPay、auPAY、d払い、nanaco、VisaLINEPayカードで税金・公共料金を支払う方法とそれぞれの還元率を順番に解説していきます。

LINEPay(ラインペイ)の請求書払いで、税金・公共料金をお得に支払う方法

LINEPayの請求書払いで、税金・公共料金を支払ってポイント還元を受ける方法

LINEPayの請求書払いについて

方法 請求書(払込票)のバーコードをLINEPayアプリで読み取る
支払い LINEPay残高、チャージ&ペイ
手数料 0円
還元ポイント LINEポイント
ポイント有効期限 最後に獲得してから180日
ポイント還元率 残高払いでは0、VisaLINEPayひもづけたチャージ&ペイで0.5%
上限 納付書一枚あたりの合計金額が30万円までの納付書(バーコード印字があるもの)
ポイント付与 翌月20日頃

参考:【LINE公式ブログ】請求書のお支払いはチャージ&ペイで!

LINEPayの請求書払いで税金を支払ったときもポイントはつく?

LINEPayの請求書払いでは、税金を支払った時も0.5%のポイントがつきます。

ただし、0.5%のポイントが付くのは「チャージ&ペイ」で支払った時だけで、LINE Pay残高で支払うと0%になる点には要注意です。

LINEPayの請求書払いポイント還元率

画像引用元:【LINE公式ブログ】請求書のお支払いはチャージ&ペイで!

  • Visa LINE Payクレジットカードで税金を支払う場合は、1%のLINEポイントが還元されるが、1回の支払い金額が5万円を超える分はポイント還元の対象外。また、クレジットカード払いは自治体・支払う税金によって手数料がかかる。
  • Visa LINE Payクレジットカードを連携させたLINE Payのチャージ&ペイで税金を支払う場合は、0.5%のLINEポイントが還元される。

LINEPayの請求書払いで、ご自身の税金・公共料金が払えるかどうかを確認する方法

以下のLINEPayのページに検索窓があります。

LINEPayの請求書払いができる税金・公共料金の調べ方

>>>【LINEPay公式ホームページ】請求書支払いができるお店・市区町村の検索窓

そこに、お住いの市区町村名を入れて検索して、ヒットすればLINEPayの請求書払いに対応している市区町村、ヒットしなければ対応していない市区町村です。

もしくは、LINEPayアプリからお手元の請求書(払込票・納付書)のバーコードを実際にスキャンしてみて、「読み込めたら払える。読み込めなければ払えない」と判断するのも早いです。

LINEPayの請求書払いで、税金・公共料金を支払ってポイント還元を受ける方法




FamiPay(ファミペイ)の請求書払いで、税金・公共料金をお得に支払う方法

FamiPayで税金・公共料金を支払う方法

FamiPayの請求書払いについて

方法 お店のレジでFamiPay払いをする
支払い FamiPay残高から
手数料 0円
還元ポイント FamiPayボーナス
ポイント有効期限 FamiPayアプリ内のボーナス履歴から要確認
ポイント還元率 1件につき10円相当のFamiPayボーナス

 

公共料金・各種料金お支払いサービスはFamiPayで全額を支払った場合のみ、FamiPayボーナスが還元される。

ただし、税金の支払いはFamiPay還元の対象外

上限 税金の支払いは30万円まで
ポイント付与 翌月20日頃

FamiPayでも税金・公共料金等の請求書払いはできるものの、PayPayやLINEPayと違って、必ず店頭に請求書(納付書)を持っていって支払わなければいけないのが特徴です。

FamiPayの請求書払いで税金を支払うときのポイント還元率

FamiPayにはファミマTカードからしかチャージができません。

  1. ファミマTカードからFamiPayにチャージ(0.5%のFamiPayボーナス還元)
  2. FamiPayで税金支払い(ポイント還元なし)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

合計0.5%のポイント還元となります。

 

ファミマTカードについて

ファミマTカードは、案外メリットが多いです。

  • 年会費無料
  • ETCカードの入会金・年会費が無料(←コレどっちも無料のクレカはなかなかないのでお得!)
  • FamiPayにチャージできるクレジットカードはファミマTカードだけ。
  • ファミマで買い物したときの還元率は2%。(ファミマ以外では0.5%)
  • 新規発行&利用でかなりのポイントがもらえる

ということで、私の場合、普段の買い物ではまったくファミマTカードは利用しませんが、ETCカード、FamiPayチャージ用&ファミマでの買い物用として持っています。

ちなみに、発行直後はポイント還元率が高くなるキャンペーンが適用されるので、ファミマ以外のお店でもTポイントをガンガン貯めることができました!

ちなみに、ファミマTカードを発行するときは、ポイントサイト経由で申し込むとポイントが最大化されてお得です♪

【比較表あり】ファミマTカードはどのポイントサイト経由が一番お得?【2024】

>>>ファミマTカードはどのポイントサイト経由が一番お得?

 

FamiPayの請求書払いで、ご自身の税金・公共料金が払えるかどうかを確認する方法

FamiPayアプリから、事前にお手元の請求書(納付書)がFamiPayで支払い可能かどうかを確認することができます。

FamiPayの請求書払いで、ご自身の税金・公共料金が払えるかどうかを確認する方法

FamiPayアプリ内の左下の「NEW」をタップ

 

FamiPayの請求書払いで、ご自身の税金・公共料金が払えるかどうかを確認する方法

「公共料金・各種料金お支払い」をタップ

 

FamiPayの請求書払いで、ご自身の税金・公共料金が払えるかどうかを確認する方法

払込票のバーコードに記載された6桁の数字を入力

 

FamiPayの請求書払いで、ご自身の税金・公共料金が払えるかどうかを確認する方法

結果が表示される




auPayの請求書払いで、税金・公共料金をお得に支払う方法

auPayの請求書払いで、税金・公共料金をお得に支払う方法

auPAYの請求書払いについて

方法 請求書(払込票)のバーコードをauPAYアプリで読み取る
支払い auPAY残高から
手数料 0円
還元ポイント Pontaポイント
ポイント有効期限 最終利用日(最終のポイント加算日または、ポイント利用日)から1年間
ポイント還元率 0.5%
上限 au PAYの決済上限額と同じ

 

(1回の決済の上限額は25万円、1日あたりの上限額は50万円)

ポイント付与 決済の5、6日後

参考:【auPAY公式】auPAY請求書払い

auPAYの請求書払いで税金を支払うときのポイント還元率

  1. auPAYカードからauPAYにチャージ(0%のauPAYカードのポイント還元)
  2. auPAYで税金支払い(0.5%ポイント還元)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

合計0.5%のポイント還元となります。

2022年12月以降、「auPAYカードからauPAYにチャージ」がポイント付与対象外になってしまいました。

参考:【auPAY公式】au PAY 残高へのチャージご利用時のポイント加算変更について

PayPay(ペイペイ)の請求書払いで、税金・公共料金をお得に支払う方法

PayPayの請求書払いで、税金・公共料金を支払ってポイント還元を受ける方法

PayPayの請求書払いについて

方法 請求書(払込票)のバーコードをPayPayアプリで読み取る
支払い PayPay残高からのみ(あらかじめPayPayカードから残高にチャージしてればOK)
手数料 0円
ポイント還元率 0%

参考:【PayPay公式】PayPayの請求書払いについて

2022年4月以降、PayPay請求書払いでは、PayPayポイントがつかなくなってしまいました。

ただし、「PayPayステップ」のカウント対象にはなるので、PayPayのポイント還元率を上げたい方は活用できそうです。

参考:【PayPay公式】「PayPay請求書払い」のPayPayステップ特典変更について

PayPayの請求書払いで、ご自身の税金・公共料金が払えるかどうかを確認する方法

PayPayの請求書払いで、税金・公共料金を支払ってポイント還元を受ける方法

PayPayの公式ホームページから、各市区町村ごとにどの税金・公共料金に対応しているかをまとめた一覧表を見ることができます。

PayPayの請求書払いで払える税金・公共料金の一覧

参考:【PayPay公式】PayPayの請求書払いで支払える税金・公共料金の一覧

もしくは、PayPayアプリからお手元の請求書(払込票・納付書)のバーコードを実際にスキャンしてみて、「読み込めたら払える。読み込めなければ払えない」と判断するのも早いです。

PayPay-ペイペイ(簡単、お得なスマホ決済アプリ)

PayPay-ペイペイ(簡単、お得なスマホ決済アプリ)

PayPay Corporation無料posted withアプリーチ

d払いの請求書払いで、税金・公共料金をお得に支払う方法

d払いでも、請求書払いはできます。

ただし、残念ながらd払いの請求書払いはポイント還元の対象にはなりません。

d払いの請求書払いについて

方法 請求書(払込票)のバーコードをd払いアプリで読み取る
支払い d払い残高からのみ
手数料 0円
ポイント還元率 0%
上限 30万円

>>>【d払い公式】請求書払い概要

 

d払い-スマホ決済アプリ、キャッシュレスでお支払い

d払い-スマホ決済アプリ、キャッシュレスでお支払い

株式会社NTTドコモ無料posted withアプリーチ

電子マネーnanaco(ナナコ)で、税金・公共料金をお得に支払う方法

電子マネーnanacoで、税金・公共料金を支払ってポイント還元を受ける方法

私の場合、以前は「リクルートカード(1.2%還元)からnanacoにチャージ→セブンイレブンでnanaco払い」という方法で、税金・公共料金を支払っていました。

しかし、2020年3月12日より、nanacoにチャージできるクレジットカードはセブンカード系(還元率0.5%)だけに変更になってしまいました( ;´Д`)

nanacoチャージでクレジットカードポイントが還元されるカードは限られている

nanacoにクレジットカードからチャージをしたときに、ポイント還元が受けられるクレジットカードは、現在はセブンカード系のみです。

セブンカードからnanacoにチャージすると、チャージしたときに0.5%のナナコポイントがつきます。

手数料はかかりません。

>>>【nanaco改悪】クレカチャージできるカードがセブンカードだけに変更【2020年3月12日〜】

nanacoで税金を支払うときのポイント還元率

  1. セブン・+カードからnanacoにチャージ(0.5%ポイント還元)
  2. nanacoで税金支払い(0%ポイント還元)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

合計0.5%のポイント還元となります。

クレジットカード払いで税金・公共料金ををお得に払う方法

多くの自治体で、税金はクレジットカード払いもできるようになってきています。

(お住まいの都道府県・市区町村によって、オリジナルのクレジットカード支払いページを用意している自治体と、Yahoo公金払いを通してクレジットカード対応している自治体があります)

「じゃあ〇〇ペイで0.5%還元とか言ってないで、還元率1%のクレジットカードで支払うほうがお得じゃん?」と考えてしまいがちですが、ノンノンノン。

実はクレジットカード払いをするときは、手数料がかかるのです。

また、クレジットカードによっては、税金の支払い対するポイント還元は、通常の還元率よりも低くなっていたり、ポイント付与の対象外になっている場合もあるので注意が必要です。

例えば、楽天カードは通常の支払いに対するポイント還元率は1%ですが、公共料金や税金の支払いに対するポイント還元率は0.2%です。

参考:【楽天カード公式】カード利用獲得ポイントの還元率が異なるご利用先

【例1】東京都の場合

例えば、東京都の場合は自前のクレカ払いページを用意していますが、以下のような決済手数料がかかります。

税額 決済手数料
1円~10,000円 73円(消費税込80円)
10,001円~20,000円 146円(消費税込160円)
20,001円~30,000円 219円(消費税込240円)
30,001円~40,000円 292円(消費税込321円)
40,001円~50,000円 365円(消費税込401円)
以降、税額が10,000円増えるごとに決済手数料73円(消費税別)が加算されます。

表の引用元:都税クレジットカードお支払いサイト

 

例えば、36000円の自動車税をクレジットカードで支払った場合、決済手数料として321円がかかります。

1%還元のクレジットカードで支払った場合、360円分のポイントがつきます。

360円(ポイント還元分)-321円(決済手数料)=39円

つまり、「現金納付に比べたら39円はお得だけどさ・・・」という感じになってしまいます。

【例2】埼玉県などYahoo公金払いでクレジットカード払いができる自治体の場合

埼玉県を含め、比較的多くの自治体で、Yahoo公金払いを使って都道府県税や市区町村税をクレジットカード払いできるようになっています。

Yahoo公金払い決済手数料は、地方公共団体や税金・料金の種類によって以下のようにいくつかのパターンが採用されています。

■自動車税

決済手数料
300~330円(税込)

 

■軽自動車税、住民税、固定資産税、国民健康保険、介護保険、後期高齢者医療保険
自治体によって決済手数料のパターンが下記1、2、3のいずれかになります。

納付金額 決済手数料パターン1 決済手数料パターン2 決済手数料パターン3
~10,000円 0円 55円(税込) 110円(税込)
~20,000円 110円(税込) 165円(税込) 220円(税込)
~30,000円 220円(税込) 275円(税込) 330円(税込)
~40,000円 330円(税込) 385円(税込) 440円(税込)
~50,000円 440円(税込) 495円(税込) 550円(税込)
以降10,000円増えるごとに110円(税込)ずつ加算。
納付できる税額は999,999円(決済手数料11,000円・税込)まで

引用元:Yahoo公金払い決済手数料ページ

お住まいの自治体と支払う税金の種類によって、上記のいずれかの決済手数料がかかります。

どの決済手数料があてはまるのかは、Yahoo公金払いのページから確認することができます。

税金の支払いがお得なペイはどれ?

決済手段 合計還元率 備考
一般的なクレジットカード(0.2〜1%)

0.2〜1%

ー手数料

クレカ決済は手数料がかかる

※税金の支払いはポイント対象外だったり、通常の還元率よりも低い還元率のクレジットカードもある

VISA LINE Payカード(0%)

 

+LINEPayチャージ&ペイ(0.5%)

0.5% チャージ&ペイでの支払いのみがポイント付与対象。(残高払いだとポイントがつかない)

 

※VISA LINE Pay1%+LINE Pay0.5%の二重取りにはならない

auPAY(0.5%)

0.5%

対応している自治体があまり多くない

※2022年12月以降は、auPAYカードからauPAYへのチャージがポイント付与対象外になった

セブンカード・プラス(0.5%)

 

+nanaco(0%)

0.5%  
ファミマTカード(0.5%)

 

+ファミペイ(0%)

0.5%  
PayPay(0%) 0% 対応している自治体が多い

 

※2022年4月以降、PayPayの請求書払いはポイント対象外になった

d払い(0%) 0% 対応している自治体があまり多くない

税金・公共料金も、クレジットカードやペイや電子マネーで支払うことで、お得にポイント還元が受けられる時代になりました。

以前はクレジットカード+ペイの組み合わせで税金の支払いでも1%を超えるポイント還元も狙えたのですが、ここ数年でクレジットカードやペイ界隈では改悪が続いており、今の時点では、税金の支払いでは0.5%還元が最大に近いようです。

0.5%とはいえ、固定資産税・自動車税・軽自動車税・住民税などは、1回に支払う金額が大きいことが多いので、できる限り、ポイント還元があるペイを使って支払うのがおすすめです。

今のところ、税金の支払いで0.5%還元になるのは、

  • LINEPay(チャージ&ペイで支払った場合)
  • auPAY
  • セブンカードからチャージしたnanaco
  • ファミマTカードからチャージしたファミペイ

 

です。

ミーナ
私の場合は、税金は「LINEPay(チャージ&ペイで支払った場合)」で支払っています!

大前提として、お住いの自治体が対応している支払い方法によるので、まずはお住まいの自治体が対応している支払い方法をチェックしてみてください。

 

目次に戻る▶▶