【全国旅行支援】子供・添い寝の赤ちゃん・乳幼児もクーポンもらえる?割引の計算できる?

全国旅行支援とは?子供・乳幼児・添い寝は対象?地域クーポンは?Go toと違う?【よくある質問まとめ】
当ブログは記事内に広告を利用しています。

全国旅行支援は2023年12月31日で終了しました。

2024年は、一部の都道府県が独自の旅行支援事業を行っています。

じゃらんの全国各地のクーポンはこちらから↓

じゃらんの全国各地のクーポン

>>>じゃらんの全国各地のクーポン一覧

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

全国旅行支援で子連れ旅行を検討中の方へ。

主婦さん

全国旅行支援で子供は割引計算で1人としてカウントされる?

料金の発生しない添い寝の赤ちゃん、乳児や幼児でも割引の対象?地域クーポンはもらえる?

など、いろいろ気になることが多いですよね!

ミーナ

結論、全国旅行支援は、基本的には子供や添い寝の幼児も全国旅行支援の割引の対象になる&地域クーポンももらえる場合が多いので、子連れ旅行はかなりお得になります!

ただし、事業者(旅行予約サイト、旅行会社、ホテルなど)によってルールが異なる場合があるので、最終的には各事業者への確認が必要です。(例えば、日本旅行ではオンライン予約では添い寝の幼児は対象外になってます)

ミーナ
全国旅行支援は、予算を消化した都道府県や予約サイトではすでに終了しているところもありますが2023年12月31日まで、一部の都道府県では2023年現在も開催中!

また、新型コロナウイルス感染症の5類感染症移行に伴い、2023年5月8日以降の全国旅行支援の利用では、チェックイン時のワクチン接種歴または検査結果の確認が不要になりました。

引き続きお得に子連れ旅行ができるチャンスです♪

この記事では、全国旅行支援を使って子連れ旅行を検討中の方に向けて、

  • 子供や添い寝の赤ちゃん、乳児、幼児は割引の対象になるのか?
  • 地域クーポンはもらえるのか?

などを中心に、全国旅行支援のよくある質問について、各都道府県や旅行予約サイトの事例を取り上げながら、わかりやすく解説していきます!

地域クーポンが使えるアクティビティ・遊びが探せるサイト

地域クーポンは、お土産だけではなく、旅行先のアクティビティに使うのもおすすめです!

じゃらん遊び・体験予約(全国旅行支援の地域クーポンについて)

旅行先の食事をお得に予約したい方は以下の記事も必見!!↓

【ポイント比較】飲食店・レストラン予約サイトはどこが一番お得?【2023最新】

【2023最新】飲食店・レストラン予約サイトはどこが一番お得?【ネット予約でポイントをつける方法!】

目次

全国旅行支援とは?

全国旅行支援とは、県民割の全国版で、全国を対象とした新たな旅行需要喚起策です。

全国旅行支援を使うために必要なものは?

宿泊者全員の本人確認書類(運転免許証やマイナンバーカードなど)+「ワクチン3回接種済」または「PCR 検査等の陰性証明書」が必要です。

※新型コロナウイルス感染症の5類感染症移行に伴い、2023年5月8日以降の全国旅行支援の利用では、チェックイン時のワクチン接種歴または検査結果の確認が不要になります。

本人確認書類は写メやコピーなど原本以外でもいいの?

2023年の全国旅行支援から、「本人確認書類は原本のみ(コピー・画像などは不可)」となっているので、宿泊者全員分の原本を持って行くのを忘れないでください!

ワクチンの接種証明書は写メやコピーなど原本以外でもいいの?

予防接種済証の原本を撮影した画像やコピー、そのほか電子的なワクチン接種証明書を提示してもOKとされています。

2023年5月8日から、新型コロナウイルス感染症の5類移行に伴い、ワクチン接種済証明や陰性証明書の提示は必要なくなりました。(旅行者全員の「本人確認書類」の提示は必要

子供もワクチン接種証明やPCR検査等の陰性証明を提示する必要がある?

親と一緒に12歳未満の子供が旅行する場合は、ワクチン接種証明やPCR検査などの陰性証明を提示するのは親だけでOK。子供は必要ないとされています。

12歳未満の子供はワクチン未接種でも大丈夫で、検査も特にする必要がないということですね。

※新型コロナウイルス感染症の5類感染症移行に伴い、2023年5月8日以降の全国旅行支援の利用では、チェックイン時のワクチン接種歴または検査結果の確認が不要になります。

2023年の全国旅行支援の期間はいつからいつまで?

予算が余っている一部の都道府県では、2023年現在も全国旅行支援が継続されています。

例えば、沖縄では11月31日まで継続予定となっています。

ただし、予算がなくなり次第終了とのことです。

全国旅行支援の割引内容は?

2023年1月10日以降の全国旅行支援の割引内容は以下です。

<割引率>

20%

<宿泊料金の割引上限額>

交通付きプランの場合:1名1泊あたり5,000円まで

その他:1名1泊あたり3,000円まで

<地域クーポン>

平日:1名1泊あたり 2,000円

休日:1名1泊あたり 1,000円

※旅行サイトや旅行会社によっては、対象となる旅行商品が「平日も休日も1人1泊あたり宿泊代金が3,000円(税込)以上の予約」というところもあり。(例:じゃらん(全国旅行支援)

2022年の全国旅行支援の割引内容は以下でした。

<割引率>

40%

<宿泊料金の割引上限額>

交通付きプランの場合:1名1泊あたり8,000円まで

その他:1名1泊あたり5,000円まで

<地域クーポン>

平日:1名1泊あたり 3,000円

休日:1名1泊あたり 1,000円

<対象となる旅行商品>

平日:1人1泊あたりの旅行代金 5,000円以上

休日:1人1泊あたりの旅行代金 2,000円以上

※旅行サイトや旅行会社によっては、対象となる旅行商品が「平日も休日も1人1泊あたり宿泊代金が5,000円(税込)以上の予約」というところもあり。(例:じゃらん(全国旅行支援)

全国旅行支援の割引は子供や添い寝の赤ちゃん、乳児、幼児も対象?地域クーポンももらえる?

各都道府県の全国旅行支援のページを確認したところ、子供も全国旅行支援の割引の対象」「子供料金や無料の赤ちゃん、乳幼児も1人として計算することも可能」と発表されています。

また、FNNプライムオンラインの記事でも、観光庁に聞いた内容として、以下のように書いてありました。

――子ども料金はどうなる?

――旅行商品と一緒に申請していただければ、1人分の扱いになります。「乳幼児ゼロ円」の場合でも1人カウントします。

引用元:FNNプライムオンライン「旅行費が40%OFF! 10月11日スタートの「全国旅行支援」どうすれば割引される? 観光庁に詳細を聞いた」(2022年10月7日)

基本的には、「宿泊料金の発生しない添い寝や乳幼児も1人としてカウントして割引の計算を行う」ということです。

とはいえ、今回の全国旅行支援は、県民割の全国版なので都道府県ごとに条件が異なり、各都道府県も、最終的には事業者判断に任せるという方針なので、最終的には各旅行サイトや、ホテル、旅行会社の旅行プランを確認する必要があります。

ちなみに、Go toキャンペーンの時は、子供や、子供料金が発生しない0円の添い寝の幼児・乳児も1人とカウントされ、子供も対象でした。(当時は、大人と子供を区別して支援額を算出することは実務上(システム上)対応が困難なためということでした)

楽天トラベル「全国旅行支援に関するよくある質問」の子供についての回答

楽天トラベル(全国旅行支援)の「よくある質問」には、

  • 子供や幼児も全国旅行支援の対象で、1人としてカウントして割引額を算出する
  • 料金が発生しない子供や乳幼児も地域クーポンの配布対象

と記載がありました。

■子供や乳幼児は全国旅行支援の対象となりますか?
対象です。子供や幼児も1名としてカウントして割引額を算出します。

(2023年の対象期間に、大人2名+乳幼児で宿泊単品をご予約の場合の計算例)
旅行代金:1泊2日で50,000円(大人1人1泊 25,000円、乳幼児 0円)
補助金:50,000×20%=10,000円のため、販売補助金は上限額の9,000円が適用

■子供や乳幼児は地域クーポンの配布対象ですか?
配布対象です。料金が発生しない子供や幼児も1名としてカウントされます。

引用元:楽天トラベル「全国旅行支援に関するよくある質問」

地域クーポンが使えるアクティビティ・遊びが探せるサイト

地域クーポンは、お土産だけではなく、旅行先のアクティビティに使うのもおすすめです!

じゃらん遊び・体験予約(全国旅行支援の地域クーポンについて)

じゃらん「全国旅行支援に関するよくある質問」の子供についての回答

じゃらん(全国旅行支援)の全国旅行支援クーポンの利用条件のページには、

  • 子供・幼児も1名として割引適用されます。

と記載されていました。

1予約あたりの合計金額(税込)から最大20%割引となります。
ただし、割引上限金額は1人1泊あたり3,000円(税込)となります。

子供・幼児も1名として割引適用されます。

(例:大人2名、子供1名でご予約の場合、最大3,000円×3名=9,000円の割引が可能)。

引用元:じゃらん全国旅行支援(よくある質問)

じゃらんでは、全国旅行支援クーポン(国内宿・ホテル専用)は、「通常じゃらんクーポン」および「特別じゃらんクーポン」と併用ができるので、じゃらんで予約をするときには、先にクーポンページを確認して獲得しておくのがお得です!

(※じゃらんでは、全国旅行支援クーポンは事前に獲得する必要なく、自動で適用されますが、その他のクーポンは先にクーポンページから獲得しておく必要があります)

じゃらんの全国旅行支援クーポンとその他クーポン併用について

>>>じゃらん(クーポンまとめ)

日本旅行の「全国旅行支援のよくある質問」の子供についての回答

日本旅行(全国旅行支援)の場合は、

  • オンライン予約では、無料の添い寝の幼児は対象外
  • 店頭予約では、無料の添い寝の幼児も対象

ということです。

Q全国旅行支援は子供や幼児も対象になりますか?

Aオンライン予約では有料人員となる子供や幼児は対象となりますが、添い寝幼児は対象外となります。店頭でのお申込みについては、対象となります。

※オンライン予約限定商品は店頭ではお取り扱いできませんのでご了承ください。

引用元:日本旅行(全国旅行支援のよくある質問)

北海道の全国旅行支援「HOKKAIDO LOVE!割」の場合

北海道の全国旅行支援の「HOKKAIDO LOVE!割」では、「無料となる子供は、事業者側で1人として計算できれば対象となる場合があります」とされています。

(Q.23)添い寝の子供は支援対象になりますか?

(A)無料となる子供は、事業者側で1人として計算できれば対象となる場合があります。 対応可否については、事業者により異なりますので、各事業者にお問い合わせください。

引用元:「HOKKAIDO LOVE!割」一般利用者向けQ&A ver3 2022年12月21日版

「子供料金や無料の乳幼児も1人として計算すること可能です。」ということなので、最終的に判断するのはやはり、事業者であるホテルや旅行会社になるようです。

香川県の全国旅行支援「新うどん県泊まってかがわ割」の場合

香川県の全国旅行支援の「新うどん県泊まってかがわ割」では、以下の図のように、「大人2人、子供1人で2泊3日の宿泊旅行をした場合」の例が掲載されていて、子供も1人としてカウントされる計算になっています。

香川県の全国旅行支援の割引計算

引用元:「新うどん県泊まってかがわ割」公式サイト

沖縄の全国支援「おきなわ彩発見NEXT」の場合

沖縄の全国支援「おきなわ彩発見NEXT」では、添い寝の子供も対象で、対象にして割引の計算に含める場合は地域クーポンももらえて、対象にせず計算に含めない場合は地域クーポンはもらえないと記載があります。

Q:添い寝の子供は対象ですか?
A:対象です。

※算出方法により含めないことも可能です。含めない方には地域クーポンのお渡しもございません。

※旅行会社や宿泊施設によって取り扱いが異なることがありますので、ご予約先に直接お問い合わせください。

引用元:おきなわ彩発見NEXT よくある質問

しかしやはり、「旅行会社や宿泊施設によって取り扱いが異なることがある」と書かれているので、最終的には宿泊先の判断になるようです。

また、添い寝の無料の子供を含めて計算しないほうがいい場合についても、計算例が掲載されていました。

Q:無料の子供を含めないほうがいい場合はありますか?

A:無料の子供も割引適用の人数に含めることで、1人あたりの旅行代金が下限額を下回り、キャンペーン対象とならない場合があります。

無料の子供も割引適用の人数に含めることで、1人あたりの旅行代金が下限額を下回り、キャンペーン対象とならない場合があります。

例:
大人2人、無料の子供1人
平日1泊2日の旅行
大人1人1泊4,400円
割引前旅行代金合計 8,800円(4,400円×2人)

<含める場合>
割引前旅行代金の下限額=3,000円 > 8,800円÷1泊÷3人=2933円
割引前旅行代金合計が下限額を下回ってしまうため、キャンペーンの対象外となってしまいます。

<含めない場合>
割引前旅行代金の下限額=3,000円 < 8,800円÷1泊÷2人=4,400円
割引前旅行代金合計が下限額以上なので、キャンペーンの対象となり割引適用とクーポン配布があります。
※この場合、無料の子供はクーポン配布も対象外となります。

引用元:おきなわ彩発見NEXT よくある質問

全国旅行支援を子連れ旅行で使うとどのくらいお得になるの?

全国旅行支援を子連れ旅行で使った場合、どのくらいお得になるのかのシミュレーションです。

例:4人家族(大人2人+幼児2人)が、大人1泊20000円のホテルに泊まる場合

4人家族(大人2人+幼児2人)で、大人料金が1人1泊20,000円、添い寝の幼児が無料のホテルに泊まる場合の、全国旅行支援の割引金額を算出してみます。(幼児も1人として計算するケース)

割引前の旅行代総額

(大人の宿泊料金:20,000円)×2人+(添い寝の幼児の宿泊料金:0円)×2人=40,000円

全国旅行支援の割引金額

40,000円×20%=8,000円

全国旅行支援の割引上限

3000円×1泊×4名=12,000円

この場合、割引金額の8,000円は、割引上限の12,000円を下回っているので、8,000円が割引金額となり、最終的にこの家族が支払う旅行代は32000円となります。

全国旅行支援の割引適用後の旅行代

40,000円ー8,000円=32,000円

また、これとは別に、地域クーポンが休日の場合は1000円×4枚平日の場合は2000円×4枚もらえます。(※北海道の全国旅行支援の「HOKKAIDO LOVE!割」の場合)

ミーナ

地域クーポンも考慮に入れると、

休日:32000円ー4000円=実質28000円で4人家族で旅行できる!

平日:32000円ー8000円=実質24000円で4人家族で旅行できる!

となり、めちゃくちゃお得になりますね!

ただ、「子供料金や無料の乳幼児も1人として計算すること可能です。」とされているので、実際に添い寝の乳幼児が1人としてカウントされるかどうか、添い寝の乳幼児の分も地域クーポンがもらえるかどうかは、やはり最終的には宿泊先のホテルに確認をとる方が良さそうです。

引用元:「HOKKAIDO LOVE!割」一般利用者向けQ&A ver3 2022年12月21日版

全国旅行支援はどこから予約すればよい?

「全国旅行支援」は、オンライン旅行予約サイト(じゃらんや楽天トラベルなど)、旅行会社での予約、ホテルでの直接予約で利用できます。

じゃらんでは、全国旅行支援クーポン(国内宿・ホテル専用)は、「通常じゃらんクーポン」および「特別じゃらんクーポン」と併用ができるので、じゃらんで予約をするときには、先にクーポンページを確認して獲得しておくのがお得です!

(※じゃらんでは、全国旅行支援クーポンは事前に獲得する必要なく、自動で適用されますが、その他のクーポンは先にクーポンページから獲得しておく必要があります)

じゃらんの全国旅行支援クーポンとその他クーポン併用について

>>>じゃらん(クーポンまとめ)

旅行先の食事をお得に予約したい方は以下の記事も必見!!↓

【ポイント比較】飲食店・レストラン予約サイトはどこが一番お得?【2023最新】

【2022最新】飲食店・レストラン予約サイトはどこが一番お得?【ネット予約でポイントをつける方法!】

全国旅行支援は、その他地方自治体の旅行割引と併用できる?

全国旅行支援は、市区町村などの各地方自治体が独自におこなっている旅行割引キャンペーンとの併用は、原則としてはできるようです。

例:北海道の全国旅行支援「HOKKAIDO LOVE!割」の場合

北海道の全国旅行支援の「HOKKAIDO LOVE!割」では、市区町村など地方自治体がおこなっている旅行割引キャンペーンとの併用ができます。

ただ、最終的には事業者によって対応が異なるそうなので、個別に確認が必要です。

(Q.2)その他地方自治体で実施するキャンペーンとは併用可能ですか?

(A)当該市町村がHOKKAIDO LOVE!割との併用を可能としている場合で、市町村割引適用後に、HOKKAIDO LOVE!割の販売補助金を適用する場合は併用可能です。ただし、事業者により併用を可能としていない場合もありますので、必ず予約・利用前に事業者にご確認ください。

引用元:「HOKKAIDO LOVE!割」一般利用者向けQ&A ver3 2022年10月7日版

例えば、札幌市の「サッポロ割」は、全国旅行支援「HOKKAIDO LOVE!割」との併用を認めると掲載されています。

旅行代金から、「サッポロ割」相当額を割り引いた上で、「HOKKAIDO LOVE!割」を適用するとのこと。

ただ、実際に併用した商品を販売するかは、各事業者の判断となり、詳細は対象宿泊施設や旅行業者に確認するようにとなっていました。

Q「新しい旅のスタイル」や「HOKKAIDO LOVE ! 割」と併用できますか?

A原則、併用はできます。併用するプランの有無については、「サッポロ割」プランを企画する各宿泊業者・旅行会社・OTAごとにより異なります。

引用元:サッポロ割 よくある質問

例:東京の全国旅行支援は都民割「もっとTokyo」と併用ができるようになる予定

10月20日からスタート予定の東京の全国旅行支援は、都民割の「もっとTokyo」と併用ができるようになる予定とのことです。

東京都が、「全国旅行支援」と「都民割」の併用ができるようになることが分かった。 1泊最大8000円が引かれる全国旅行支援は、来週10月11日から始まる。 東京都は20日からのスタートとなるが、関係者によると、期間は12月20日までで、都民の都内旅行を補助する「都民割」である「もっとTokyo」と併用できるようにする、という。

引用元:FNNプライムオンライン 「都民割」全国旅行支援と併用へ…12月20日まで期限延長

全国旅行支援で行ける場所は?

全国

(ただし、「全国旅行支援」は、県民割の全国版となるため、都道府県ごとに、割引内容や割引対象、予約開始時期などの詳細が異なる可能性があります)

全国旅行支援はGo toキャンペーンとは違うもの?

全国旅行支援は全国を対象とした新たな需要喚起策です。再開未定となっている「新Go To トラベル」とは制度の内容が異なります。

全国旅行支援の「休日」とはいつのこと?

休日の定義ですが、以下のように記載されています。

  • 宿泊旅行の場合…宿泊日とその翌日が「土曜・日曜・祝日」の場合
  • 日帰り旅行の場合…利用日が「土曜・日曜・祝日」の場合

引用元: 「HOKKAIDO LOVE!割」公式サイト

宿泊旅行については、宿泊日とその翌日がともに「土・日・祝」の場合には、その旅行を休日として扱い、それ以外を平日として扱います。

日帰り旅行については、土・日・祝を休日として扱い、それ以外を平日として扱います。

引用元: 「HOKKAIDO LOVE!割」クーポン利用可能額

つまり、1泊2日の宿泊旅行の場合、

  • 土曜日チェックインだと「休日」扱いとなり、地域クーポンは1人1000円
  • 日曜日チェックインだと、翌日が平日なので、「平日」扱いとなり、地域クーポンは1人3000円

ということです。

全国旅行支援の利用回数や泊数の制限は?

全国旅行支援の割引の対象になるのは、1回の旅行あたり7泊分まで。

利用回数の制限はないので、何度でも使えます。

Q:利用回数や制限はありますか?

A:利用回数の制限はありません。ただし、1回の旅行当たりの補助対象泊数は旅行期間によらず7泊分(連泊か否かを問わず)までが 対象となります。

引用元:「新うどん県泊まってかがわ割」公式サイト

まとめ:全国旅行支援は基本的には子供も対象!子連れ旅行が超お得に!

全国旅行支援の基本的な方針としては、子供・添い寝の乳幼児も割引の計算対象になる&地域クーポンももらえるということです。

ミーナ
子連れ旅行がかなりお得になりますね!

ただ、どこの都道府県でも「事業者(ホテル、旅行予約サイト、旅行会社など)によって異なることがある」というただし書きがあるので、最終的には事業者に確認する必要があります。

じゃらんでは、全国旅行支援クーポン(国内宿・ホテル専用)は、「通常じゃらんクーポン」および「特別じゃらんクーポン」と併用ができるので、じゃらんで予約をするときには、先にクーポンページを確認して獲得しておくのがお得です!

(※じゃらんでは、全国旅行支援クーポンは事前に獲得する必要なく、自動で適用されますが、その他のクーポンは先にクーポンページから獲得しておく必要があります)

じゃらんの全国旅行支援クーポンとその他クーポン併用について

>>>じゃらん(クーポンまとめ)

地域クーポンが使えるアクティビティ・遊びが探せるサイト

地域クーポンは、お土産だけではなく、旅行先のアクティビティに使うのもおすすめです!

じゃらん遊び・体験予約(全国旅行支援の地域クーポンについて)

旅行先の食事をお得に予約したい方は以下の記事も必見!!↓

【ポイント比較】飲食店・レストラン予約サイトはどこが一番お得?【2023最新】

【2023最新】飲食店・レストラン予約サイトはどこが一番お得?【ネット予約でポイントをつける方法!】

目次に戻る▶▶
ミーナ
Amazonでポイントを三重取りできるって知ってますか?Amazonで最安で買う方法を駆使しながら、普段は徹底した節約生活をしています!
ミーナ
旅行代、レジャー代は主にポイ活で貯めたポイントを使うようにしています!
ポイ活初心者のための基本ガイド