まるで床暖房!ホットカーペットとデロンギで!【合計3万円ちょい】

まるで床暖房!ホットカーペットとデロンギで!【合計3万円ちょい】

エアコンの暖房は、部屋が乾燥して、喉とお肌がすぐにカラッカラになるから苦手すぎて・・・。

「賃貸アパートだけど、空気を乾燥させずに、床暖房みたく、足元から部屋全体をポカポカ暖かくする方法はないかな?」

ホットカーペットとデロンギで、まるで床暖房の家みたいにできちゃいました!

というわけで、本記事では、『約3万円で賃貸アパートをまるで床暖房の家にできた方法』をお伝えします。

賃貸アパートでも、ホットカーペットとデロンギで、まるで床暖房の家に!

賃貸アパートでも、ホットカーペットとデロンギで、まるで床暖房の家に!
ミーナ

シングルマザーのミーナ(@mina.tips)です。

築30年、家賃5万円の3DKに親子3人で暮らしてます。

>>>別居・離婚で家を借りたい!シングルマザーが賃貸の審査に通るには?

左側の和室とキッチンの間の襖(ふすま)を取り外して、DKと和室を一続きのLDK(約15畳)にして使っています。

こちらが和室リビングです↓

賃貸アパートでも、ホットカーペットとデロンギで、まるで床暖房の家に!

 

  • エアコンの暖房は空気が乾燥して、肌と喉がすぐカラカラになるので苦手
  • 石油ストーブは火事が怖い&灯油を買いに行くのが面倒すぎる

ということで、昨年の冬から、ホットカーペットとデロンギオイルヒーターを使い始めました。

これが快適で快適で!

6畳の和室に、3畳のフローリング調ホットカーペットを敷いてます

6畳の和室に、3畳用のフローリング調のホットカーペットを敷いています

5歳と7歳の子供たちがいるので、とにかくしょっちゅう食べこぼしをします。

なので、ホットカーペットは汚れてもさっと拭ける「フローリング調」のものにしました。

デザインもおしゃれで気に入って、夏場もこのまま敷きっぱなしです。

ちなみに大きさは3畳用です。

和室が6畳なので、部屋の半分がホットカーペットになってます。

この大きさだと、子供たちがおもちゃを広げて遊ぶスペースもとれて良いのです♪

3畳用のフローリング調ホットカーペットについて【KODEN】

 

3畳用のフローリング調カーペット

昨年、楽天で買ったのですが、もう同じものはないみたいです。



↑これが類似品です!

3畳用のホットカーペットは、かなり大型で、そもそもあまり売ってなくて、種類が少ないです。

 

ミーナ

配送されたときも、あまりの巨大さに「うぉっ」でびっくりしました。

フローリング調は巻いても厚みがあって、かなりかさばります。

 

ちなみに、メジャーなメーカー(パナソニック)で3畳用のフローリング調になると、5万円くらいしちゃいます。

長く使いたいし、ちょっと悩みましたが、やはり価格の差が大きいので、この広電(KODEN)というメーカーのものにしました。

一冬使いましたが、全く問題なく、あったか快適でしたよ♪

 

デロンギオイルヒーターについて【DeLonghi】

我が家で使用しているデロンギオイルヒーターについて

デロンギオイルヒーターは、おととし楽天で購入しました。

こちらは同じものがありました↓



8〜10畳用のタイプ。
タイマー付きです。

10畳用のデロンギで15畳を暖めてます!特に問題なし!

10畳用のデロンギで15畳を暖められます

リビング使いしている和室とダイニングの間は扉を取っ払っているので、実質15畳あります。

我が家で使用しているデロンギオイルヒーターは8~10畳のものですが、特に問題なく15畳暖められていました!

昨冬は、エアコンは使わず、このデロンギとホットカーペットだけで、暖かく過ごせました。

 

ただし、デロンギは一気に部屋を暖めるのは苦手で、部屋全体があったかくなるまでに、30分~1時間くらいかかります。

タイマー機能がついているので、朝は起きる1時間前からつくようにセットしています。

ホットカーペットとデロンギの電気代は?

 

ホットカーペットとデロンギの電気代は?

デロンギは、コンセントにつなぐだけでOKの暖房器具で便利なのですが、エアコンよりも電気代が高いと聞いていたので、どのくらいかかるかビクビクしていました。

が、実際に去年の冬(1〜3月)にかかった電気代は、平均して、だいたい月7000円。

平日の朝と夜、休日はほぼ終日、ホットカーペットとデロンギをずっと使ってこの金額でした。

暖房代だけで考えると、毎月3000円くらいです。

ミーナ
月3000円なら、灯油を買いに行く手間より、エアコン使って肌が乾燥するよりも、ホットカーペット+デロンギで快適に過ごす方を選んで全然コスパいいな、と思いました!

デロンギとホットカーペットを併用すと、お互いのデメリットを補完できる!

デロンギのデメリットは、部屋を暖めるまでには時間がかかること。一方、ホットカーペットはスイッチを入れると比較的すぐに温まります。

また、ホットカーペトのデメリットは、スイッチを切ってしまうとすぐに冷たくなってしまうこと。一方、デロンギは、一度部屋が暖まると、たとえスイッチを切っても、しばらくは部屋全体の温度が保たれます。

この2つの組み合わせは、お互いのデメリットを補完してくれる最強の組み合わせだなーと思いました。

 

まとめ:ホットカーペットとデロンギで床暖房のように快適に過ごせます!

ホットカーペット+デロンギで床暖房っぽく過ごせるのは新発見でした!

しかも、ホットカーペットもデロンギも2万円弱です。

2つ合わせても3万円代!

ミーナ
初期投資が3万円、月の暖房代3000円で、床暖房の家みたいに快適に過ごせることがわかって、とても満足しています♪

今住んでいる家は、築30年の賃貸アパートなので、いたるところでボロ感が出ていますし、すべてが完璧にそろっている訳ではありません。

さらに、予算もあまりかけられません。

それでも、制限のある中で、少しずつ工夫とカイゼンを重ねて、心地よい暮らしに近づけていくのは、本当に楽しいなーと思います♪

ホットカーペット+デロンギは、冬場の乾燥対策にもなるし、火事やヤケドの心配が少ないので、お子さんのいる家にはオススメの暖房器具です〜!



にほんブログ村の「シングルマザー」ランキングに参加しています。

なななな、なんとっ、1位になってました〜!ありがとうございますっっっ

記事が役に立ちましたら、クリックいただけるとめちゃくちゃ嬉しいです♪ にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ にほんブログ村
ブログランキングの「シングルマザー」ランキングにも参加しています!

なななんと、昨年末40位から4位に大浮上してました(!!!)

別居前にめちゃくちゃ読んで救われたふゆぽんさんの「ちいさな世界」が真上に〜〜!↓ シングルマザーランキング






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

▶子2人・ペイ活シングルマザー
▶別居後、半年間は収入0円
▶宅地建物取引士
▶手取り17万で、1年で100万円貯金!
▶ペイ活・ポイ活で月3万円
▶インスタフォロワー4000人♪

【これまでの人生をざっくり説明】

タワマンVERY妻

→貧乏シングルマザーへの転落

→お金の知識(ポイ活・ペイ活・節税・投資)を高速で吸収!

→別居2年目のときに、年間100万円の貯金に成功!


別居と離婚のメンタルケア/シングルマザーの支援制度/節約・節税/ポイ活・ペイ活/など、シンママライフを楽にする情報を発信してます♪

【メディア掲載】
2019年9月:テレビ朝日スーパーJチャンネル「増税を乗り切れ!キャッシュレス節約術」

  【インスタ】
@mina.tips

【twitter】
@sinmama_mina

詳しいプロフィールはこちら




にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ