国内旅行が半額補助!Go to キャンペーンとは?いつから始まる?【県独自の割引との併用OK!】

国内旅行が半額補助!Go to キャンペーンとは?いつから始まる?

【7/30追記】Go To トラベルキャンペーンの公式サイトがオープンしました。最新情報はこの公式サイトでご確認ください!

国内旅行が半額助成される「Go To トラベルキャンペーン」が、7月22日以降に開始する旅行代金の割引から先行的にスタートしました。

【7/21日追記】現時点では、東京都内に宿泊する旅行、および東京都に居住する方の旅行はGo to キャンペーンの対象外となっています。

【9/8追記】地域共通クーポンは2020年10月1日以降出発から対象となります。

【9/12追記】政府はGo to キャンペーンから場外していた東京を、10月1日から追加する準備を進めながら、今月下旬にかけての感染状況を踏まえて最終判断する方針です。

Go To トラベルキャンペーンとは
  • 実施期間:2020年7月22日~(ただし、東京都内に宿泊する旅行と、東京都内在住の肩の旅行は対象外)
  • 対象になる旅行:旅行業者経由の国内旅行商品(日帰りも対象)
  • 補助金額:最大で旅行代金の半額相当(うち7割が旅行代金の割引、3割が土産品購入などで使えるクーポン)
  • 上限:1名1泊あたり2万円(日帰りは1万円)
  • 連泊制限や利用回数の制限なし
  • 地域共通クーポンは2020年10月1日以降出発から対象となります。

引用元:【観光庁】Go to トラベル事業(7/21更新版:pdf資料)

ということで、本記事ではお得に国内旅行に行きたいな~と思っている方向けに、Go To トラベルキャンペーンについて解説していきます!

Go to トラベルキャンペーンに先駆けて、全国の自治体が、各地域・各県独自の旅行の割引をはじめています。

以下のページが全国の割引がまとまっていてわかりやすいです↓

じゃらん「全国の居住地・地域限定クーポン」

※ちなみに、各地域独自の旅行割引とGo to キャンペーンの併用はOKとのことです。詳細は以下のQ&Aの「41」をご覧ください。

>>>【観光庁】Go to トラベル事業 よくあるご質問(7/20版)

※Go to トラベルキャンペーンは、とにかく変更や未定部分が数多くあります。当記事も情報の更新が追いつかないことがままありますので、最新の情報は必ずGo to トラベルキャンペーン公式ホームページをご確認ください。

県外への外出・旅行はいつからOKなの?

県外に旅行に行っていいのはいつから?Go to キャンペーンはいつから?

引用元:2020年5月25日「第36回新型コロナウイルス感染症対策本部」議事次第(PDF)

ステップ 時期 県をまたぐ移動 観光
ステップ0 5月25日~ 不要不急の移動は避ける 観光は県内で徐々に
ステップ1 6月1日~ 一部首都圏との不要不急の移動は慎重に 観光は県内で徐々に
ステップ2 6月19日~ OK 観光は県外ふくめて徐々に
ステップ3 7月10日~ OK 観光は県外ふくめて徐々に

7月下旬からGo toキャンペーン始まる予定

移行期間後 8月1日くらい~ OK Go toキャンペーン

 

2020年5月25日、政府は県外への外出の目安を公表しました。

  • 県外への観光がOKになるのは6月19日から
  • 7月からは宿泊・施設利用・飲食クーポンなどを付与する「GoToキャンペーン」による観光支援がスタート予定

ということです。

ミーナ
6月19日から徐々にではあるものの、観光目的で県をまたぐ移動もOKになるのですね!

国内旅行が半額に!Go to キャンペーンとは?いつからはじまるの?

国内旅行が半額に!Go to キャンペーンとは?いつから始まる?

引用元:令和2年観光庁関連補正予算

Go Toキャンペーン事業は、主に以下4つの事業からなっています。

Go Toキャンペーン事業
  1. Go To Travelキャンペーン(旅行の割引)
  2. Go To Eatキャンペーン(飲食店での割引)
  3. Go To Eventキャンペーン(イベントチケットの割引)
  4. Go To商店街キャンペーン

そのうちの目玉が、国内旅行の最大半額が補助される、Go To Travelキャンペーンです。

Go To トラベルキャンペーンとは、旅行業者経由で期間中の国内旅行商品を購入した旅行者に対し、代金の半額相当の『宿泊割引クーポン』&『地域産品や飲食・施設などの利用クーポン』を付与するものです。

Go To トラベルキャンペーンとは
  • 実施期間:開始時期は感染症の専門家の意見等も伺いつつ、検討。(2020年8月ごろ)
  • 対象になる旅行:旅行業者経由の国内旅行商品(日帰りも対象)
  • 補助金額:最大で旅行代金の半額相当(うち7割が旅行代金の割引、3割が土産品購入など減で使えるクーポン)
  • 上限:1名1泊あたり2万円(日帰りは1万円)

上限は、宿泊の場合は1人あたり1泊2万円分。日帰りの場合は1人あたり1万円。

Go to キャンペーンは7月22日からスタートしました

Go to キャンペーンは7月22日からスタートすることに

Go to トラベルキャンペーンは、7月22日以降に開始する旅行代金の割引を、先行的にスタートすることになりました。

 

ただし、もともとGo to トラベルキャンペーンは旅行代金の半額相当の割引が受けられることになっていますが、そのうち7割は旅行代金の割引で、3割は地域で使えるクーポン券として還元されることになっています。

9月までの先行割引の期間中は、「旅行代金の半額✕7割=35%」のみが消費者に還元されることになっています。

この割引価格で各旅行会社や宿が販売を始めるのは7月27日以降です。

現時点では、東京都内に宿泊する旅行、および東京都に居住する方の旅行はGo to キャンペーンの対象外となっています。

7月10日~17日の期間中に予約された「対象外」の旅行をキャンセルする場合、旅行者のキャンセル料負担はないようになる予定とのことです。

参考:【共同通信】赤羽国交相がGoToキャンセル料の補償を表明 

Go to トラベルキャンペーンを事後申請で還付を受ける手続き方法

Go toトラベルの還付手続き

引用元:【Go to トラベルキャンペーン・旅行者向けサイト】事後還付手続きのご案内(7/28版)

事後還付の対象になるもの
  • 7月22日以降に開始するGo to トラベル対象の旅行であること
  • 8月31日までに終了する旅行であること
  • 旅行者が予約・購入した時点で、その旅行予約サイト・宿泊先・旅行事業者がGo to トラベル適用の割引プランの販売準備ができていない状態だったこと
ミーナ

大手旅行予約サイトや各宿泊先では、7月27日くらいからGo toトラベル適用割引プランを販売スタートしています。(事業者によって数日遅いところもあり)

それ以前に、Go toトラベル割引が適用されていないプランを予約した場合にこの事後還付の対象になるということです。

  1. 旅行会社や旅行予約サイトを通して予約&決済した場合は、旅行者個人は還付手続きをする必要なし
  2. 宿泊先に直接予約をした場合、旅行サイトを通して予約したけど決済は宿泊先で行った場合は、旅行者本人が還付手続きをおこなう必要あり
Go toトラベルの還付手続き

事後還付手続きは、以下の必要書類を、Go to トラベルキャンペーン公式サイトからオンライン申請か、「Go to トラベル事務局」に郵送

事後申請に必要な書類
  • 申請書(Go to トラベルキャンペーン事務局ホームページで入手できる:様式1)
  • 領収証(宿泊時に宿泊施設でもらう)
  • 宿泊証明書(宿泊時に宿泊施設でもらう)
  • 口座確認書(Go to トラベルキャンペーン事務局ホームページで入手できる:様式2)
  • 通帳・キャッシュカードのコピー
  • 住所が確認できる書類のコピー(免許証、保険証など)
  • 同行者居住地証明書←8/13に追加されてました

還付手続きができる申請期間は、2020年8月14日~9月14日まで(消印有効)。

【申請書類送付先】
〒105-0003
東京都港区西新橋1丁目 24−14 西新橋一丁目ビル6階

Go To トラベル事務局 還付申請係 宛
※個人情報の取扱いについてはこちらをご確認ください
※送料は各自ご負担をお願いします
※9月14日消印有効

ミーナ
宿泊時に領収証と宿泊証明書をもらって、しっかり保管しておきましょう!

申請期間も1ヶ月でとても短いので要注意です!

参考:【観光庁】Go to トラベル旅行者向け公式サイト

参考:【Go to トラベルキャンペーン・旅行者向けサイト】事後還付手続きのご案内(7/28版)

Go toキャンペーンの詳細・利用イメージ

Gotoトラベルキャンペーン内容7/21最新

7月21日に観光庁が公表した資料によると、Go to キャンペーンの詳細は以下のような内容です。

Go To トラベルキャンペーンとは
  • 実施期間:2020年7月22日~(ただし、東京都内に宿泊する旅行と、東京都内在住の肩の旅行は対象外)
  • 対象になる旅行:旅行業者経由の国内旅行商品(日帰りも対象)
  • 補助金額:最大で旅行代金の半額相当(うち7割が旅行代金の割引、3割が土産品購入などで使えるクーポン)
  • 上限:1名1泊あたり2万円(日帰りは1万円)
  • 連泊制限や利用回数の制限なし

Go to キャンペーンの割引対象になる旅行とは?

Go toキャンペーンは、宿泊旅行・日帰り旅行、どちらも対象です。

【宿泊旅行の場合】

国内旅行が半額補助!Go to キャンペーンとは?いつから始まる?
宿泊旅行の場合にGo to キャンペーンの割引対象になる範囲
  • ツアーで宿泊+交通機関がセットになっているプランは、全体が割引対象。
  • 宿と交通機関を分けて予約した場合は、宿泊のみが対象。(個人で手配する交通は割引の対象外)

【日帰り旅行の場合】

国内旅行が半額補助!Go to キャンペーンとは?いつから始まる?
日帰り旅行の場合にGo to キャンペーンの割引対象になる範囲
  • 往復乗車券などの移動+旅行先での食事や観光体験

Go to キャンペーンを利用した場合の割引シミュレーション

国内旅行が半額補助!Go to キャンペーンとは?いつから始まる?

 

Go to キャンペーンの割引金額
  • 補助金額:最大で旅行代金の半額相当(うち7割が旅行代金の割引、3割が土産品購入などで使えるクーポン)
  • 上限:1名1泊あたり2万円(日帰りは1万円)
  • 連泊制限や利用回数の制限なし
  • 地域共通クーポンは2020年10月1日以降出発から対象となります。

1泊2万円の場合は、半額の1万円が割引対象になり、そのうちの7000円が割引・3000円が地域で使えるクーポンとして国から支援されます。

1泊10万円の場合は、半額の5万円が割引対象ですが、1泊あたりの上限2万円なので、そのうちの14000円が割引・6000円が地域で使えるクーポンとして国から支援されます。

ただ、2泊で1人10万円の場合は、2泊で上限4万円になるので、そのうちの28000円が割引・12000円が地域で使えるクーポンとして国から支援されます。(下の図を参照)

国内旅行が半額補助!Go to キャンペーンとは?いつから始まる?
ミーナ
連泊制限も、利用回数の制限もないのはすごいですね!

引用元:【観光庁】Go to トラベル事業(7/21更新版:pdf資料)

Go to トラベルキャンペーンでの子供・幼児の扱いはどうなるの?

以下、Go to トラベルキャンペーン公式ホームページの「よくある質問」からの引用です。

Q43:家族で旅行する場合、子供や幼児はどうカウントするのでしょうか。

A:子供や幼児も1名とカウントして算出します。

<例>
2人1泊計6万円の家族旅行(大人1人1泊5万円、子供1人1泊1万円)
→支援額は、6万円×1/2=3万円

※ 大人と子供1人ずつ適用すると2万円+5千円が上限ですが、あくまで1旅行予約単位で算出するため、支援上限額は4万円(2人×1泊2万円)となります。

※ 子供・幼児料金については、支援上限額ルールの適用を受けにくいことになりますが、大人と子供を区別して支援額を算出することは実務上(システム上)対応が困難なため、1名とカウントします。

※ 子供料金が発生しない場合「0円の場合」も1名とカウントします。

引用元:【Go to トラベルキャンペーン公式ホームページ】よくある質問

 

つまり、たいていの宿で子供は子供料金で大人よりも安い料金設定になっていますが、Go to トラベルキャンペーンの支援上限額は『子供も大人と同じ1人1泊2万円』とカウントされるということです!

 




Go To Travelキャンペーンを使うには、どこから予約したらいい?

国内旅行の半額相当のクーポンがもらえるGo To Travelキャンペーン、大きいですよね!

では、一体どこから予約をすればGo To Travelキャンペーンが使えるのでしょうか?

旅行代理店、宿の直販予約システム、旅行予約サイトなどから、Go To Travelキャンペーン対象の旅行を予約することができます。

Go to トラベルキャンペーンを利用して旅行予約ができる旅行予約サイトをまとめました。

各地域・各県の独自の旅行割引まとめ

Go to トラベルキャンペーンに先駆けて、全国の自治体が、各地域・各県独自の旅行の割引をはじめています。

各県の独自の旅行割は、以下の予約サイト経由での予約が可能です。

そしてなんと!この各県独自の旅行割引とGo to キャンペーンの併用はOKとのことです。

【質問番号41】

Q:地方自治体などによる独自の割引制度やOTA等が発行するクーポン割引をあわせて適用したいが、支援額の計算の基礎となる「旅行代金」はどう計算するのか。

A:Go To トラベル事業による支援額の算出に当たっては、元値(「宿クーポン」を適用する場合は「宿クーポン」適用後の価格)をもとに計算することを基本とする。地方自治体などによる独自の割引制度
等による割引後の価格をもとに国の支援額を算出する必要はない。
他方で、制度やシステム上の都合により、当該地方自治体等による独自の支援制度による割引後の価格をもとに本事業の支援額を決定することは排除しない。

例)20,000円の旅行について,県が10,000円引きする場合、

  1. 20,000円×1/2×70%=7,000円 還付
  2. (20,000-10,000)×1/2×70%=3,500円 還付

→ ①が基本、ただし、②でも構わない。

引用元:【観光庁】Go to トラベル事業 よくあるご質問(7/20版)

ミーナ

私は先日、『1万円旅行チケットを5,000円で買える』という、県独自の割引制度(居住者限定)を割引チケットを購入して、県内の旅館を1泊2日で大人1泊13,000円の宿を予約しました。

この場合、県独自の割引制度を使ったので、私が実際に支払う旅行代金は13000円ー5000円=8000円ですが、Go to トラベルキャンペーンは割引前の13,000円を元値にして計算していいとのこと。

  •  県独自の旅行割で、ー5000円
  • Go to で、ー4,550円(13,000円×35%)

最終的に、旅行者の私がこの旅行に支払う金額は、3450円(13,000円-5,000円-4,550円=3450円)になるということです。

すごいっ!

とにかく、宿泊先で、領収証と宿泊証明書を忘れずにもらうのが大事ですね!

※ただし、「制度やシステム上の都合により、当該地方自治体等による独自の支援制度による割引後の価格をもとに本事業の支援額を決定することは排除しない」という一文があるので、地方自治体や予約サイトによって、対応が異なる可能性はありそうです。

じゃらん「全国の居住地・地域限定クーポン」

 

 

ちなみに、旅行を最安値で予約したいときは、「ポイントサイト経由」でポイントを貯めるのがおすすめです。

旅行の時は支払う金額が万単位なので、ポイントもかなりザクザク貯まります♪

国内旅行(ホテル・旅館・レンタカー)を最安値で予約する方法【ポイ活でポイント還元最大化】

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

▶子2人・ペイ活シングルマザー
▶別居後、半年間は収入0円
▶宅地建物取引士
▶手取り17万で、1年で100万円貯金!
▶ペイ活・ポイ活で月3万円
▶インスタフォロワー5000人♪

【これまでの人生をざっくり説明】

タワマンVERY妻

→貧乏シングルマザーへの転落

→お金の知識(ポイ活・ペイ活・節税・投資)を高速で吸収!

→別居2年目のときに、年間100万円の貯金に成功!


別居と離婚のメンタルケア/シングルマザーの支援制度/節約・節税/ポイ活・ペイ活/など、シンママライフを楽にする情報を発信してます♪

【メディア掲載】
2019年9月:テレビ朝日スーパーJチャンネル「増税を乗り切れ!キャッシュレス節約術」
2020年1月:TBS・グッとラック「お得なポイ活」

  【インスタ】
@mina.tips

【twitter】
@sinmama_mina

【Pinterest】
@singlemothertips

【YouTube】
シングルマザーTips

【note】
シンママ節約ブロガーnote


詳しいプロフィールはこちら