【審査なし】1%還元のKyash Cardとは?【クレカひも付けで2%還元!・2020年最新版】

【審査なし】1%還元のKyash Cardとは?【クレカひも付けで2%還元!・2020年最新版】

新しいKyash Cardって発行したほうがいいのかな?

そんな風に迷っている方も多いのではないでしょうか。

2020年5月以降、Kyashは「Kyash Card」・「Kyash Card Lite(旧リアルカード)」・「Kyash Card Virtual(旧バーチャルカード)」の3種類になりました。

本記事では、この新しいKyash Cardについてまとめていきます!

  • どんな人にKyash Cardがおすすめ?→「クレジットカードを発行したくないけどキャッシュレス決済はしたい人」&「クレカとひも付けてポイント2重取りしたい人」
  • デメリットについて考察→発行手数料の900円を払ってでも発行すべき?しないべき?

↑こんな疑問が解消できますよ♪

Kyash(キャッシュ) - 誰でも作れるVisaカード

Kyash(キャッシュ) - 誰でも作れるVisaカード

Kyash無料posted withアプリーチ

Kyashとは?

【審査なし】1%還元のKyash Cardとは?【クレカひも付けで2%還元!・2020年最新版】

Kyashは、キャッシュレス決済ツールの一つで、「年会費無料・審査なし・年齢制限なし」で、誰でも利用することができるプリペイドカードです。

ミーナ
それでいて、VISA加盟店でクレジットカードを使うときと同じように使うことができるので、使える店舗がとても多くて便利なのが特徴です!

〇〇ペイは使えなくても、クレジットカードは使えるスーパーなどで重宝しています♪

Kyashが「お得」だと言われている理由は?

【審査なし】1%還元のKyash Cardとは?【クレカひも付けで2%還元!・2020年最新版】

ペイ活・ポイ活界隈のみなさんにKyash Cardが人気の理由はズバリ、クレカとひも付けてポイントの2重取りができるからです。

ミーナ
私の場合は、楽天カード(1%)+Kyash Card(1%)で、常にポイント2%還元になっています。

>>>楽天カードをメインカードにしている7つの理由

Kyashの種類について

2020年5月以降、Kyashは「Kyash Card」・「Kyash Card Lite(旧リアルカード)」・「Kyash Card Virtual(旧バーチャルカード)」の3種類になりました。

この中でも、「Kyash Card」というのが2020年5月から登場した新しいカードで、還元率1%(3種類のKyashの中で一番高い還元率)でお得さNO1です。

カード名称 Kyash Card Kyash Card Lite Kyash Card Virtual
ポイント還元率 1% 0.5% 0.5%
発行手数料 900円 300円 0円
Kyash(キャッシュ) - 誰でも作れるVisaカード

Kyash(キャッシュ) - 誰でも作れるVisaカード

Kyash無料posted withアプリーチ

2020年5月から新しくできたKyash Cardとは?

新しく登場するKyash Cardとは?

2020年5月に新しく登場した「Kyash Card」は、主に以下の特徴があります。

Kyash Cardの特徴
  • ICチップ内臓で、サインレスのタッチ決済ができる
  • Quick Payに登録できる
  • 海外でも使えるようになる
  • 決済上限が大きい(1回あたり30万円、月あたり100万円)
  • ポイント還元率は1%
  • 年会費無料
  • 発行手数料が900円かかる

ペイ各社の通常還元率が軒並み0.5%に統一されてきた最近のキャッシュレス決済の中でも、Kyash Cardの1%還元はひときわ輝いて見えます!

>>>【2020年最新】◯◯ペイ6社+Kyashの還元率比較【クレカあり・なしでの使い分け方法も!】

しかしながら、Kyash Cardの唯一のデメリットは、発行手数料が900円かかるということです。

シンママさん
発行手数料900円を支払ってでもKyash Cardを持っていたほうがいいのでしょうか?
ミーナ
いくら分お買い物をした時点で、発行手数料が回収できるのか、「損益分岐点」を考えてみます!
Kyash Cardの発行手数料900円が回収できるお買い物額

発行手数料900円が回収できるのは、

900円÷1%=9万円

となるので、Kyash Card で9万円以上買い物すれば、発行手数料が回収できることになります。

発行手数料は年会費とは違って、カードを発行するときのみかかるものです。(Kyash Cardの有効期限は5年間なので、5年に1回・発行手数料が必要)

つまり、5年間でKyash Cardを使って9万円以上のお買い物をする人なら、900円の発行手数料の元が取れるということです。

ミーナ

私の場合は、食費やレジャー費などで月3万円くらい旧Kyashリアルカードを使っていたので、約3ヶ月で回収できそうだと判断。

ということで、発行手数料900円を支払ってでもKyashCardに乗り換えることを決めました!

やっぱり、楽天カード(1%)+Kyash(1%)=合計2%のポイント還元は、お得です。

VISAカードが使える店舗はめちゃくちゃ多いので、そもそも国内でもKyashを使う機会は多かったし、それがさらに海外でも使えるようになるのはいいなーと思います。

Kyash(キャッシュ) - 誰でも作れるVisaカード

Kyash(キャッシュ) - 誰でも作れるVisaカード

Kyash無料posted withアプリーチ

Kyash Card・Kyash Card Lite(旧リアルカード)・Kyash Card Virtual(旧バーチャルカード)の比較

KyashCardとは?

Kyash Card・Kyash Card Lite(旧リアルカード)・Kyash Card Virtual(旧バーチャルカード)の機能比較表です。

これを見てもわかるように、旧Kyashリアルカードは1回あたりの決済上限が5万円、月あたりの決済上限が12万円だったので、今までは限度額を気にして使っていた方も多いのではないかと。

 

  • 決済上限額を上げたい
  • 海外に行くことがある
  • クレジットカードとのポイント二重取りがしたい(楽天カードと紐付けると合計2%還元、リクルートカードと紐付けると合計2.2%還元になります)

こういった方の場合は、やはりKyash Cardに乗り換えるメリットはあるといえますね!

発行手数料900円のKyash Cardと発行手数料300円のKyash Card Lite(旧リアルカード)、どっちを作るべき?

シンママさん

これから新規でKyashを作ろうと思っています。

発行手数料900円のKyash Cardと、発行手数料300円のKyash Card Lite、どちらを作るべきでしょうか?

ミーナ
Kyash CardとKyash Card Lite、それぞれいくら分お買い物をした時点で、それぞれの発行手数料が回収できるのか、「損益分岐点」を考えてみます!
Kyash Cardの発行手数料900円が回収できるお買い物額

Kyash Cardの発行手数料900円が回収できるのは、

900円÷1%=9万円

となるので、Kyash Card で9万円以上買い物すれば、発行手数料が回収できることになります。

Kyash Card Liteの発行手数料300円が回収できるお買い物額

Kyash Card Liteの発行手数料300円が回収できるのは、

300円÷0.5%=6万円

となるので、Kyash Card Liteで6万円以上買い物すれば、発行手数料が回収できることになります。

つまり、

  • 5年間でKyashを使って6~9万円の買い物をする予定の方はKyash Card Lite
  • 5年間でKyashを使って9万円以上の買い物をする予定の方はKyash Card

となります。

しかし!

結論としては、ほとんどの方が5年間で9万円以上は使うと思うので、Kyashの中ではKyash Card一択だと思っていればいいかと思います!

Kyash(キャッシュ) - 誰でも作れるVisaカード

Kyash(キャッシュ) - 誰でも作れるVisaカード

Kyash無料posted withアプリーチ

Kyashポイントについて

Kyashポイントについて

Kyashポイント制度の特徴

  • Kyash Cardで決済すると、リアル店舗でもオンラインショッピングでも、100円につき1ポイントがつく
  • リアルタイムでポイントが貯まる!(売上確定と同時にポイントが確定する)
  • 1ポイントからすぐに使える!(1ポイント=1円でKyash残高にチャージできる)

Kyashポイントの有効期限

  • 最後にKyashを使って支払いをした日から180日。
  • 180日間、Kyashで支払いをしなかった場合、所持しているKyashポイントは消滅する。

KyashポイントをKyash残高にチャージする方法

KyashポイントをKyash残高にチャージする方法を解説します。

KyashポイントをKyash残高にチャージする方法

1:「ウォレット」から「ポイント」をタップ

 

KyashポイントをKyash残高にチャージする方法

2:Kyash残高に交換したいポイント数を記入する

 

KyashポイントをKyash残高にチャージする方法

3:交換したいポイント数を1円単位で入力できます(「全てのポイントを入力」をタップすると今持っているポイント全てが入力されます)

 

KyashポイントをKyash残高にチャージする方法

4:「チャージ」を入力

 

KyashポイントをKyash残高にチャージする方法

5:これで、KyashポイントをKyash残高にチャージすることができました!

参考:【Kyash公式ホームページ】KyashポイントをKyash残高にチャージする方法

Kyash(キャッシュ) - 誰でも作れるVisaカード

Kyash(キャッシュ) - 誰でも作れるVisaカード

Kyash無料posted withアプリーチ

Kyashポイント還元対象外となる取引について

Kyashが使えても、Kyashポイントの還元対象外になる取引があります。

以下の場合は、Kyashポイントの還元がないので、要注意です!

  • 売上未確定のままのお取引
  • Kyash Visaカードを登録したQUICPayによるお支払い
  • 交通機関へのお支払い(定期券、乗車券、切符、回数券、特急券などの料金)鉄道、バス、モノレール、ケーブルカーなど
  • モバイルSuicaアプリでの購入、チャージ
  • Google Pay経由によるモバイルSuicaアプリでの購入、チャージ
  • 税金のお支払い、ふるさと納税、税金各種
  • 公共料金のお支払い
    Kyash Visaカードがご利用いただけない場合もございます。
  • 寄付金のお支払い
  • 金券、商品券や有価証券等の現金同等物の購入
    また金券、商品券や有価証券等の現金同等物を販売しているサイトでの購入
  • 郵便局の販売サイトでのお支払い
  • 造幣局の販売サイトでのお支払い
  • 代金未回収が発生しているお取引
  • 本人または第三者による不正利用と弊社が判断したお取引対象外のお取引でも「獲得予定」となり通知および表示されますが、獲得にはなりませんのでご留意ください

Kyashポイントの対象外となるお取引

Kyashの安全性・セキュリティ面

Kyashで取り扱われる情報は、個人情報保護法よりも高い基準でプライバシーを保護されています。

また、機能面としては、端末の指紋認証やパスコードとは別に、Kyash用のパスコードを設定することができ、セキュリティ対策の工夫がされています。

また、一般的なクレジットカードと同じように、不正利用に対するモニタリングも24時間体制で行われています。

・不正使用検知システムでモニタリングを行っています
昨今、お客さまが気づかれないうちにカードが偽造・盗難の被害に遭ったり、カード番号などの情報が不正に詐取されインターネット上で悪用されるなど、カード犯罪に巻き込まれてしまう被害が多発しております。
こうした悪質なカード犯罪からお客さまをお守りするために、当社では、不正使用検知システムを導入し、お客さまのカードに異常が発生していないか、24時間365日体制でモニタリング(不正使用の監視)を行っています。

・お取引の保留またはアカウントの一時制限をさせていただく場合があります
不正使用検知システムにより、過去の不正使用ケースと類似点があったり、ご本人のご利用ケースと異なる点が見受けられた場合、アカウントの一時制限をさせていただく場合がございます。これはカード犯罪防止のための措置でございます。

引用元:Kyash公式ホームページ

ただ、Kyashでは、PayPayの全額補償制度ように、明確な補償制度が定められているわけではありません。

そこは若干気になるところではありますが、万が一Kyashで不正利用の補償がなされなかったとしても、ひもづけされているクレジットカード側での補償もあり得ます。

また、Kyash Cardを紛失した場合は、Kyashアプリ上からリアルカードの一時停止ができる機能がついています。

Kyashの安全性・セキュリティ対策

クレジットカードを失くした時は、カード会社の電話番号を調べて、電話をして停止するという手間がかかる一方、Kyashの場合はアプリから一瞬で停止できるというわけです。

この点では、クレジットカードよりもセキュリティ対策が工夫されていると言えるのではないでしょうか。

Kyash Cardの申込方法

Kyash Cardを申し込むには、まずは最新のKyashアプリをインストールして、そこから申し込むという流れです。

Kyash(キャッシュ) - 誰でも作れるVisaカード

Kyash(キャッシュ) - 誰でも作れるVisaカード

Kyash無料posted withアプリーチ

まとめ:Kyashはポイント2重取りできてお得!発行するならKyash Cardがおすすめ

最後に、Kyash Cardのメリットとデメリットをまとめます。

Kyash Cardのメリット

  • 審査なし・年齢制限なしで誰でも作れる
  • 年会費なし
  • ポイント還元率1%
  • クレジットカードとひも付けるとポイント還元2%~
  • VISA加盟店で使えるので、事実上クレジットカードが使える店ならどこでも使える
  • Quick Payに登録できる=非接触決済できるお店が増えて便利!

Kyash Card のデメリット

  • 発行手数料が900円かかる(5年間で9万円以上お買い物すれば回収できる)
  • プリペイドカードなので、スマホや光熱費の月額払いには使えない
  • 税金や金券系など、一部の支払いはポイント還元の対象外

 

結論としては、

  • クレジットカードを持ちたくないけどキャッシュレス決済手段が欲しい人には、1%還元のKyash Cardはめちゃくちゃオススメ!
  • 手持ちのクレジットカードとひもづけてポイントの2重取りをしたい人にもKyash Cardはめちゃくちゃオススメ!

です。

ただし、2021年4月末までは、Visa LINE Payカードというクレジットカードが3%還元のキャンペーン中です。

この期間に限っては、Kyash Card+お手持ちのクレジットカードよりは、Visa LINE Payカードで支払ったほうがポイント還元率が高いです!

(※ちなみに、Kyash Card+Visa LINE Payカードではポイントの2重取りはできません)

ミーナ

私の場合はKyash CardとVisa LINE Payカードの両方を持っていますが、今年度はほとんどの支払いを3%還元のVisa LINE Payカードにする予定です。

(ただし、Visa LINE Payカードはクレジットカード。Kyashと違って審査があるので誰でも発行できるわけではありません)

気になる方はこちらもぜひ↓

Visa LINE Payカードとは?ポイントのルール・Kyashと比較・審査・いつ届く?を徹底解説!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

▶子2人・シンママ生活3年目
▶別居後、半年間は収入0円
▶宅地建物取引士
▶手取り17万で、1年で100万円貯金!
▶ポイ活・ペイ活で月3万円
▶インスタフォロワー5000人♪

【これまでの人生をざっくり説明】

タワマンVERY妻

→貧乏シングルマザーへの転落

→お金の知識(ポイ活・ペイ活・節税・投資)を高速で吸収!

→別居2年目のときに、年間100万円の貯金に成功!


○○ペイやポイントを駆使した最新の節約術/別居と離婚のメンタルケア/シングルマザーの支援制度など、シンママライフを楽にする情報を発信してます♪

【メディア掲載】
2019年9月:テレビ朝日スーパーJチャンネル「増税を乗り切れ!キャッシュレス節約術」
2020年1月:TBS・グッとラック「お得なポイ活」

  【インスタ】
@mina.tips

【twitter】
@sinmama_mina

【Pinterest】
@singlemothertips

【YouTube】
シングルマザーTips

【note】
シンママ節約ブロガーnote


詳しいプロフィールはこちら